調剤薬局の薬剤師の時給は恵まれている

調剤薬局の薬剤師の時給は他の職業に比べると高めなことが知られていますね。中でも土日祝日や夜間の時間帯、地方の求人ではさらに高めの時給が設定されています。結婚や出産を機に退職した後にパートや派遣で調剤薬局の仕事に復帰したいと考える薬剤師はたくさんいますが、時給が高いところを探すと限られた時間に効率的に稼ぐことができるのです。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の求人はたくさんありますが・・・

調剤薬局の薬剤師の求人は薬剤師の職業の中でも一番数が多いのですが、土日休み、残業なし、高収入といった好条件の調剤薬局の求人は少ないです。さまざまな条件の調剤薬局がありますが、その中から一つの調剤薬局を選ぶにはどうしたらよいでしょうか。ここでは調剤薬局の求人の探し方を教えましょう。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の給料はどのくらい?

調剤薬局の薬剤師は給料に満足しているのでしょうか。薬剤師の求人の中で一番多いのが調剤薬局ですが、同じ仕事でも働き方や働く場所によって貰える給料に幅があり、将来に不安を抱えている薬剤師もいるようです。今回は最近の調剤薬局の薬剤師の給料事情や給料アップの方法をまとめてみました。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の年収は上がらないの?

調剤薬局の薬剤師の年収の平均は地域により異なることが知られています。薬剤師の人数が少ないエリアでは高く、薬剤師が多い大都市周辺の年収は横ばいになっていることが特徴です。しかし、経験やスキルを活かして上手く転職をすると年収を上げることは可能です。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の人数は多い方がいい?

調剤薬局の薬剤師の人数ですが、一日平均取扱い処方せん数40枚に対し1人と法律で定められており、調剤を滞りなく行える人数が必要です。一日に何百枚と処方箋を扱う調剤薬局ではたくさんの薬剤師が勤務していますが、一日に40枚以下の処方箋のところでは薬局に薬剤師が一人のこともあります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の仕事内容は?

調剤薬局の薬剤師の仕事は単に調剤して患者さんに渡し、薬歴を管理するだけではありません。最近は最先端のITシステムや調剤機器を使用したり、在宅医療に力をいれる調剤薬局もあり、どのような薬局に転職するかによって仕事内容も異なります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師+α資格とは

調剤薬局の薬剤師の資格。仕事をするには通常の薬剤師の資格があればOKですが、薬剤師の資格にプラスして研修や試験などを受け認定薬剤師資格や専門薬剤師資格を取得する人が増えてきています。これらの資格を取得すると、学んだ知識を仕事に活かせるだけでなく、最新の知識や技術がある薬剤師という証明になりますよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の退職金について

調剤薬局の薬剤師の退職金。退職する時には退職金がいくら貰えるかが気になりますが、勤務年数により金額が決まることがほとんどで、辞めるタイミングによっても大きく異なります。また、退職金は一定の期間働けばほとんどの調剤薬局で貰えますが、退職金制度自体が無い職場も増えているので、退職や転職する時は将来の退職金についてよく調べておきましょう。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の役割は増加中

調剤薬局の薬剤師の役割は処方せんに基づいた調剤を行い患者さんに渡すことですが、ただ薬を渡すだけでは役割を十分に果たしたとは言えません。患者さんが他に飲んでいる薬はないか、副作用やアレルギー歴はないかなどをチェックして、安全で安心して服用してもらうことが必要です。また、処方した薬以外の質問に対応することも役割です。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師のやりがいって何だろう

調剤薬局の薬剤師がやりがいを感じる時はどんな時でしょう。服薬指導を通して直接患者さんの健康に関われる時、薬剤師として学んできた知識やスキルを活かた時、薬以外のアドバイスも求められた時、など、やりがいを感じる瞬間はたくさんある仕事です。しかし、やりがいを感じ方は人それぞれであり、あなたにとってやりがいは何かを分析しておくことが大切です。
続きを読む

調剤薬局が24時間対応になったら働き方はどう変わる?

調剤薬局の24時間対応ですが、2014年の診療報酬改定より24時間調剤などを行う体制がなければ基準調剤加算を算定することができなくなりました。24時間対応する薬局は、処方せんを受付する時に患者さんには夜間にも連絡がとれる電話番号などを知らせるなどの対応を行っています。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の志望理由が知りたい

調剤薬局の薬剤師の志望理由、どうやって書くか迷っている人はいませんか。どんな仕事に応募する時にも履歴書に志望理由を書かなければなりませんが、他ではなく「この調剤薬局」で働きたい気持ちを伝えなければなりません。上手に志望理由を書いて、採用担当者にアピールをしましょう。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の将来性はどうなる?

調剤薬局の薬剤師の将来性。これからの調剤薬局はどうなっていくのでしょうか。調剤薬局の薬剤師として生き残っていくためにはあなたのスキルの向上や、将来性のある調剤薬局選びが欠かせなくなりますよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の昇給は少ないって本当?

調剤薬局の薬剤師の昇給ですが、最初はよくてもだんだんと頭打ちになると言われることもあります。地域によっても異なりますが、調剤薬局は長く勤めていても毎年どんどんと昇給するとは言えないようで、昇給を待つよりも、給料がよい調剤薬局に転職する方が年収が上がることもあるようです。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の勤務時間を確認しよう

調剤薬局の薬剤師の勤務時間は、調剤薬局の近くにある医療機関の診察が終わる時間に左右されます。大病院の門前では17時頃まで、診療所の門前では20時頃までというのが多いでしょう。一日の開局時間が長い場合はシフト制をとりますが、患者さんがたくさん来局した場合は、定めれた勤務時間に終了できない事もあります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師。未経験からの挑戦は

調剤薬局の薬剤師。未経験で仕事に就くことは簡単ではありませんが、大手の調剤薬局チェーンでは研修制度が整っており、調剤未経験の薬剤師がたくさん入社しているところもあるのです。転職への不安を感じているあなたは、未経験から学べる環境がある調剤薬局を選びましょう。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の面接の質問が知りたい

調剤薬局の薬剤師の面接の質問でよく聞かれるものは決まっているので、答えを事前に準備しておくと、自信をもって面接に臨むことができますよ。面接対策をしっかりと行って希望する調剤薬局の採用を勝ち取りましょう。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師のブランク後の再就職について

調剤薬局の薬剤師がブランク後に再就職する時は、仕事から離れている間に新しい薬がたくさん発売されてわからないかもと不安になります。復職するかどうかを悩む薬剤師も多いですが、ブランク後に再就職しやすい調剤薬局で、薬剤師の教育制度があるところを選べば、あまり心配しなくても大丈夫です。
続きを読む

薬剤師のドラッグストアから調剤薬局への転職を成功させよう。

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局に転職。薬剤師の免許を取得したからには、調剤の仕事に就いてみたいとドラッグストアから調剤薬局に転職する人も多いです。土日が休めない、シフトが不規則など、ドラッグストアの仕事に不満を抱えている人も調剤薬局に転職してみませんか。
続きを読む

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局に転職したい時は

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局に転職。よりよい条件を求めたり、様々な経験を積んでステップアップを図るために別の調剤薬局に転職する人は少なくありません。経験があるので転職先でも即戦力として考えてもらえるので、高収入で採用してもらうことも可能です。
続きを読む

薬剤師が病院から調剤薬局に転職して年収アップを目指す

薬剤師が病院から調剤薬局に転職するケースはよく見られます。転職を考える一番の理由は給料が低いこと。やりがいがあっても残業や当直業務をしても年収が少なければ、仕事へのモチベーションも下がります。病院の薬剤部内の人間関係に悩んで転職を考える人もいるようです。
続きを読む

薬剤師が製薬会社から調剤薬局に転職する時の注意とは

薬剤師が製薬会社から調剤薬局へ転職。製薬会社の仕事のストレス、配偶者の転勤、調剤をやりたい、など様々な理由で転職する人がいます。一般的に薬剤師の仕事の中で一番給料がよいのは製薬会社ですので、転職により年収がダウンすることは覚悟しておきましょう。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師が不要ってどういうこと?

調剤薬局の薬剤師は不要という、わたしたち薬剤師にとっては不快な意見を聞いたことはありませんか。調剤薬局にきた患者さんに、「さっき医者に説明してきたのに、薬局でまた同じようなことを話すのは嫌だ」などといわれた経験がある人も少なくないのではないでしょうか。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の服薬指導のポイントとは

調剤薬局の薬剤師の服薬指導は、薬局での仕事の中でも重要です。服薬指導は処方せんを持ってきた患者さんに対して薬の飲み方などを説明するわけですが、患者さんに応じた適切で分かりやすい服薬指導ができる薬剤師になりましょう。
続きを読む

調剤薬局を辞めたい薬剤師は意外に多い

調剤薬局を辞めたい。薬剤師の免許を活かした仕事ができる調剤薬局ですが、調剤薬局を辞めようかと悩んでいる薬剤師は意外に多いものです。どんな職業でも悩みはつきものですが、仕事についていけない、人間関係がしんどい、など調剤薬局の薬剤師らしい悩みを抱えているようです。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師のレベルはさまざま

調剤薬局の薬剤師のレベルはさまざまといって良いでしょう。患者さんによりよい服薬指導ができるように、医薬品の知識を向上させようと日々勉強を行う薬剤師と、処方せんをみて調剤をして、ただ渡すだけを繰り返す薬剤師では、レベルが違って当然です。個々の薬剤師のレベルだけでなく、薬局全体のレベルもさまざまなので、どのレベルの調剤薬局で働くかは重要なポイントです。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師のスキルを身に付けるには

調剤薬局の薬剤師のスキルといえば何でしょうか。医薬品の知識の豊富さだけではありませんね。仕事を正確にこなすスキルや、患者さんや薬局内の人とのコミュニケーションスキルも含まれます。多くの薬を扱うことによって身に付く、実践でしか学べないスキルもあります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師は人間関係に悩む人が多いって本当?

調剤薬局の薬剤師は人間関係に悩みを抱える人が多いようです。みんなが仲良く雰囲気がよい調剤薬局もありますが、女性が多い調剤薬局では派閥やグループ化するなど、女性特有の人間関係も生まれがちです。人間関係の問題で仕事を辞めようかと悩む薬剤師は少なくありません。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師が知識を学ぶには

調剤薬局の薬剤師が知識を学ぶことは、とても大切なことです。調剤薬局で働いていると、患者さんから薬などに関する相談を受けることが多くあるでしょう。その時にはその患者さんに応じた適切で正しい薬の知識などを伝えなければならないからです。医薬品の知識だけでなく、薬に関わる法律などの知識も必要です。医療保険についての知識も必要になるかもしれません。健康食品やサプリメントなど、健康に関わる知識もあったほうがいいでしょう。一度にたくさんの知識は身に付けられませんので少しずつ学んでいきましょう。
続きを読む

調剤薬局で残業する薬剤師は少ないの?

調剤薬局で残業する薬剤師が「ゼロ」というところはないでしょう。調剤薬局には患者さんが処方せんを持ってきますが、風邪が流行するシーズンは患者さんの診察が終わるのも遅れがちで、調剤薬局の閉局時間を過ぎてから患者さんが来て、残業となることもあるのです。
続きを読む

アインファーマシーズの薬剤師は全国にいる

アインファーマシーズの薬剤師は北海道から沖縄までの全国にたくさんいます。数多くの店舗での実績を基にして患者さん一人ひとりのために心を込めて対応し、よりよい調剤薬局やドラッグストアづくりを目指しています。
続きを読む

レデイ薬局の薬剤師は四国・中国地方で活躍中

レデイ薬局の薬剤師は四国と中国地方の200店舗以上で地域に貢献しています。レデイ薬局はドラッグストアを中心とした展開ですが、ドラッグストア併設の調剤薬局や調剤専門の店舗にも力を入れており、「治す」を基本コンセプトに地域社会で活躍しています。
続きを読む

アイセイ薬局の薬剤師は成長を続ける

アイセイ薬局の薬剤師にはさまざまな可能性が広がっています。アイセイ薬局は首都圏を中心にして全国に300店舗を超える展開を行う調剤薬局チェーンで、医療モール開発にも力を入れています。
続きを読む

ファーマライズHDの薬剤師はライフスタイルに合わせた働き方ができる

ファーマライズHDの薬剤師は「真面目」です。堅苦しいというのではなく、医療従事者として仕事の責任を果たしたいという思いが強く、どうすれば調剤ミスを無くすことができるかや新たな取り組みについて考えるなど、活発な意見交換を行うなど、熱意や責任感をもって働く人が多いのです。
続きを読む

メディカル一光の薬剤師は患者さんの安全を守る

メディカル一光の薬剤師は主に三重県、愛知県、関西に住む人の健康な生活をサポートしています。患者さんの安全とホスピタリティの精神を大切にして、地域に根ざした「かかりつけ薬局」になることを目指しています。
続きを読む

オストジャパンGの薬剤師は北海道で「共感」する

オストジャパンGの薬剤師は社訓である「共感」をもとに、健康に悩む患者さんひとり一人の思いを共有して一緒に考えていくことを大事にしています。オストジャパングループは健康で安心して暮らすことのできる社会づくりの一翼を担っていきます。
続きを読む

クオールの薬剤師は患者さんのクオリティ・オブ・ライフをサポート

クオールの薬剤師は社名の由来でもある「クオリティ・オブ・ライフ」を大切にして患者さんの日々の暮らしを優しくサポートして、地域社会の健康を担う一員として活躍しています。
続きを読む

トータルメディカルSVの薬剤師はトータルでサポート

トータルメディカルSVの薬剤師は九州の北部を中心にいます。トータルメディカルSVは調剤薬局のほか、健康食品に関する事業やメディカルサポート部門のサポートを行っており、医薬医療にトータルに関わる総合的な事業を展開しています。
続きを読む

日本調剤の薬剤師は全国の調剤薬局を牽引

日本調剤の薬剤師は北海道から沖縄まですべての都道府県で、病気の治療や健康維持に欠かせない薬の専門家として医療に携わっています。
続きを読む

ファーコスの薬剤師は地域医療・福祉を担う一員

ファーコスの薬剤師は地域の人に愛される薬局を目指して行動しています。ファーコスの一人ひとりが「地域の患者さまの健康」を支えていくことで、日本中の患者さんを笑顔にできると信じています。
続きを読む

メディカルシステムネットワークの薬剤師は全国につながる

メディカルシステムネットワークの薬剤師は、創業地の北海道を中心にして、調剤薬局事業と医薬品等ネットワーク事業で全国にネットワークを広げています。メディカルシステムネットワークは薬剤師教育や在宅医療に力を入れています。
続きを読む

イオンの薬剤師はショッピングモールの中で活躍

イオンの薬剤師は、イオンのショッピングモールの中にある薬局やドラッグストアで勤務します。イオンはこれからの時代に必要とされる地域コミュニティの拠点として「メディカルモール」の構築をすすめており、薬剤師の活躍が期待されています。
続きを読む

このページの先頭へ