薬剤師が製薬会社から調剤薬局に転職する時の注意とは

薬剤師が製薬会社から調剤薬局へ転職。製薬会社の仕事のストレス、配偶者の転勤、調剤をやりたい、など様々な理由で転職する人がいます。

一般的に薬剤師の仕事の中で一番給料がよいのは製薬会社ですので、転職により年収がダウンすることは覚悟しておきましょう。

薬剤師が製薬会社から調剤薬局へ転職を考える理由

 

薬剤師の製薬会社から調剤薬局への転職ですが、大手の製薬会社では待遇がとても恵まれていることは知っていますね。

製薬会社は福利厚生や産休育休制度などもしっかりしており、従業員が働き続けやすい環境も整っています。土日祝日が休みで、正月やお盆休みも長くとれるなど、年間休日も多いです。

条件から見ればとっても恵まれている製薬会社勤務の薬剤師ですが、どんな仕事にも悩みは付きもので、転職を考えることはあるのです。

薬剤師が製薬会社から調剤薬局に転職しようかな、と考える主な理由を見ていきましょう。

製薬会社の薬剤師の仕事は、研究、開発、営業、品質管理、学術、など職種はさまざまですが、それぞれの部門で高度な専門性と責任が求められる仕事を行っています。

毎日が激務で残業や徹夜が続いたり、プレッシャーなどから多大なストレスを抱え、うつ病寸前になりながら仕事をする人もいます。

給料には恵まれているけど、自分の体調を崩す前に薬剤師らしい仕事ができれば、と転職を考える人は少なくありません。

特に、女性の場合は結婚や出産などを機に、ストレスが多い製薬会社よりも家庭と仕事を両立しやすい調剤薬局への転職を考えるようですね。

配偶者の転勤により製薬会社で働き続けることが困難になったので転職、という場合もあるでしょう。

それと製薬会社で働いている限りは、患者さんに薬を渡すという薬剤師の仕事を経験することができません。薬剤師になったからには白衣をきて患者さんと接してみたいという思いを持つ人はたくさんいます。

薬剤師が製薬会社から調剤薬局への転職で変わるもの

 

薬剤師が製薬会社から調剤薬局に転職する時に心配なのが年収です。製薬会社は他の職業の人からも羨ましがられるほどの待遇ですので、この年収を転職先の調剤薬局にも期待するのは難しいです。

調剤薬局の年収は地域にもよりますが、管理薬剤師などにならないと600万円くらいで頭打ちになることもあります。(反対に調剤薬局で高収入を得るには管理職を目指しましょう。)

反対に、製薬会社から調剤薬局への転職で得られるものは「資格を活かしたやりがい」や「時間」です。

調剤薬局は、学生時代に学んだことを薬剤師として実践できる場です。たとえ年収が下がっても、薬剤師として満足できる仕事ができれば転職成功といえませんか。

また、しっかりとした調剤薬局を選べば、シフト制などで勤務時間が決まっているので、仕事とプライベートの両立をしながら働くことができます。

自分が都合のよい時間帯だけ働くパート勤務も可能なので、調剤薬局は子育て中の女性薬剤師にも魅力的ですね。

薬剤師が製薬会社から調剤薬局への転職に成功するには

薬剤師の製薬会社から調剤薬局への転職は、未経験からの挑戦となりますね。

薬剤師が調剤ができる職場として他に病院がありますが、病院への転職は未経験ではとても狭き門です。その意味でも調剤薬局は製薬会社からの転職先としておすすめです。

いろいろな専門知識はあるあなたでも異業種からの転職ですので、調剤については一から覚えていかなければなりません。

転職に不安な時は、薬剤師の研修制度があるところを選ぶと基礎からじっくり教えてくれるので安心です。

どこの調剤薬局を選ぶか難しい時は薬剤師転職サイトに登録しましょう。

将来のあなたの成長の近道になる調剤薬局選びや、製薬会社から調剤薬局への転職への心構えなども教えてくれますよ。是非利用してみてくださいね。

このページの先頭へ