調剤薬局の薬剤師の時給は恵まれている

調剤薬局の薬剤師の時給は他の職業に比べると高めなことが知られていますね。中でも土日祝日や夜間の時間帯、地方の求人ではさらに高めの時給が設定されています。

結婚や出産を機に退職した後にパートや派遣で調剤薬局の仕事に復帰したいと考える薬剤師はたくさんいますが、時給が高いところを探すと限られた時間に効率的に稼ぐことができるのです。

調剤薬局の薬剤師の時給はいくら?

調剤薬局の薬剤師の時給はどのくらいでしょうか。正社員ではなくパート・アルバイトといった時給による働き方は、子育てが一段落したママ薬剤師に人気ですが、時給の相場は地域によってかなりばらつきがあります。

都心にある調剤薬局の時給は1500円~2500円くらいが多いようですが、地方に行けば行くほど時給は高くなり、3000円~といった好条件の時給の求人を見かけることもあります。

もっと時給がよい仕事をしたいという人には派遣という働き方があります。

派遣の時給の相場は都心で3000円、地方なら4000円ともいわれており、同じ時間を働くならパートでよりも派遣として働く方が高収入を得ることができるのです。

派遣で働く場合はいろいろな条件をクリアしなければなりませんが、より高い時給で働きたい人にはおすすめの働き方です。

調剤薬局の薬剤師の時給が高いところは

調剤薬局の薬剤師、時給が少しでもよいところで働きたいですよね。

先ほど調剤薬局の時給は地域によってばらつきがあると言いましたが、当然ながら働く時間帯によっても差があります。

ママ薬剤師がパートの仕事を探す時は、午前中のみや午後3時くらいまでの時間帯を希望する人が圧倒的に多いのですが、最近は土日祝や夜遅くまで開局する調剤薬局が増えていますね。

この土日祝や夜間は薬剤師にとって勤務するのが難しい時間帯なので、多くの調剤薬局では人材が不足しています。

このため、このような時間帯の時給を昼間よりも高めに設定して、求人をかけることがよくあるのです。

長い時間働くよりは短時間で効率的に稼ぎたい、私は夜間や休日の方が働きやすいという人は、高い時給で働くことができるでしょう。

ただし、時給が高い調剤薬局で働く時は週に2、3回程度の仕事でも扶養控除の範囲を超える可能性があります。扶養内で働こうと考えている人は時給の額に注意しておきましょう。

調剤薬局の薬剤師の時給がよい求人を探すには

調剤薬局の薬剤師の時給。転職先を探す時はより時給が高い調剤薬局で探したくなりますが、同じエリアの他の調剤薬局に比べて異様に高い場合は、応募する前に一息ついてみましょう。

高い時給の影には一人薬剤師や超多忙な調剤薬局など、仕事が大変な職場の場合もあるのです。時給以外の職場環境にも必ず目を向けて転職先を探すことが大切です。

その他にも、転職先を探す時には通勤時間や週に何回勤務なのか、職場の雰囲気など考えなけらばならない条件はたくさんありますね。あなたが思う条件をすべて満たす求人はなかなかみつからないものなのです。

他の条件はいいんだけど、時給があと100円高かったらいいのになあ、と思う求人もあると思います。しかし、採用面接に慣れていないと時給を上げて欲しいと言い出すのは勇気がいりますね。

そのような時は薬剤師転職サイトを利用してみませんか。

サイトには好条件のパート・アルバイトや派遣の仕事がたくさん掲載されていますが、あと少し時給が高かったら、と思う求人には経験豊富なコンサルタントがあなたの代わりに時給を上げる交渉をしてくれるかもしれません。

ブランクはあるけど調剤経験はあるといったあなたでも、時給を上げてもらえる可能性は十分にあります。また扶養範囲内で働きたい、週1回のみなど、あなたの希望する条件を聞き入れてくれる可能性もあります。

このようなサイトへの登録は無料ですので上手に使ってみるとよいですよ。

このページの先頭へ