ファーコスの薬剤師は地域医療・福祉を担う一員

ファーコスの薬剤師は地域の人に愛される薬局を目指して行動しています。ファーコスの一人ひとりが「地域の患者さまの健康」を支えていくことで、日本中の患者さんを笑顔にできると信じています。

ファーコスの薬剤師は地域医療の一端を担う

ファーコスの薬剤師は全国の21都府県の191薬局で勤務しています。

2008年には医薬品や診断薬・医療用の機器・材料を病院・医院や薬局などに届ける医薬品卸会社大手のスズケンのグループ企業になっています。

ファーコスの薬剤師の新卒者の初任給は254,000~324,000円で、中途採用者の初任給は調剤経験等考慮の上254,000~383,000円となっています。パートの時給は1600~2000円です。

ファーコスは1993年に群馬県桐生市で最初の店舗を開局して以来、地域医療や福祉の充実を目指して、調剤薬局業務を行ってきました。

たとえば薬剤師が自宅や施設にいる患者さんを訪問する在宅医療は地域の中でも率先して取り組んできており、在宅に居る患者さんが本当に望んでいることを叶えることを目指しています。

最近は地域の支援センターなどへの訪問も行っており、無菌調剤室などの設備を整えた店舗も増えています。ファーコスはこれからも積極的に在宅医療を進めていきます。

また、ファーコスは薬局は病気になった時に処方せんを持ち込んで調剤をしてもらうだけでなく、薬や健康のことを気軽にいつでも相談できる場所と知ってもらうことが目的として「薬と健康の広場」という催しを定期的に開催しています。

催しが終わった後は、地域の人が気軽に薬局に立ち寄ってくれるようになるなどの変化を実感しています。

薬局勤務以外に、薬剤師会や学校薬剤師の場でも活躍する社員もたくさんいて、地域社会での貢献の場と活動の場を広げていっています。

ファーコスの薬剤師が調剤エラーを起こさない取り組みとは

ファーコスの薬剤師が「調剤エラー」を起こさないように、ファーコスは本社と薬局の双方からの体制を整えています。

調剤エラーはあってはならないことですが、薬剤師は人間ですのでミスを完全に防ぐことはできません。

しかし、万が一起きてしまったら、服薬によって健康の回復、維持を期待する患者さんを裏切るだけでなく、ファーコス薬局の信用を落とすことにもなりかねません。

ファーコスは会社として「調剤エラーが起きにくい体制」や「起きても軽微に留められるような体制」の整備に力を入れています。

薬局でエラーが起きた時は隠さずに本社にある品質管理室にレポートとして報告します。

調剤エラー防止実務委員会は1つひとつの事例を真摯に受け止め、エラーが起きてしまった原因を分析して突き止め、二度と起こさないための方法を検討します。

また「リスクマネジメントマニュアル」の作成を行ったり、調剤過誤等に関する情報や報道を各薬局へ提供するなど、似たような事例の再発防止に努めています。

薬局では薬局長とブロック長が常に薬局での業務の質の改善を目指しています。

ファーコスの薬剤師は教育研修制度が充実

ファーコスは薬剤師と患者さんとの信頼関係を築いていくには、薬剤師を教育する必要があると考えています。

そのため、教育制度というソフト面だけでなく、設備などハード面への投資も行い、充実した薬剤師教育プログラムを整えています。

医薬品の専門家を育てるための職能教育や、ビジネスやマネジメント術を向上させるための階層別研修など用意されており、患者さんに安心して利用してもらえる医療サービスを提供できるための人材育成に力を入れています。

それぞれがキャリアアップできるための人事制度が整っており、教育担当や人事担当など本社で活躍している薬剤師もいます。

また、レベルの高い社員にはプロフェッショナル職というキャリアアップもあるなど、各社員が持つ専門性やスキルを発揮しやすい会社です。

あなたも教育研修制度も充実しているファーコス薬局で地域に根ざして働いてみませんか。

薬剤師転職サイトに登録してみると専任のコンサルタントがファーコス薬局の情報をいろいろと教えてくれるでしょう。

サイトへの登録は無料ですので、もっとファーコス薬局のことを知りたいと思う人は、利用してみるとよいですよ。

このページの先頭へ