調剤薬局の薬剤師。未経験からの挑戦は

調剤薬局の薬剤師。未経験で仕事に就くことは簡単ではありませんが、大手の調剤薬局チェーンでは研修制度が整っており、調剤未経験の薬剤師がたくさん入社しているところもあるのです。

転職への不安を感じているあなたは、未経験から学べる環境がある調剤薬局を選びましょう。

調剤薬局の薬剤師は未経験でも転職できる?

 

調剤薬局の薬剤師の未経験からの転職。薬剤師の現場の仕事以外に就いた後に調剤薬局で働いてみたいと思う人は少なくありませんが、仕事ができるようになるかと心配になりますね。

調剤薬局で働く薬剤師は、膨大な数の医薬品の名前やその作用を知っています。調剤や監査、患者さんに合わせた服薬指導、レセコンの入力や在宅業務などもこなします。

そのような知識や経験がないあなたが調剤薬局で働くならば、調剤薬局の薬剤師としてのスキルを一から身に付けなければならないのです。

患者さんに薬について何か質問された時にはちゃんと答えなければなりません。すぐに答えられないようでは患者さんに不信感を持たれます。

未経験から専門性の高い調剤薬局の薬剤師になるには、これから学ばなければならない事がたくさんあるとお分かりでしょう。

不安になったかもしれませんが、実は調剤薬局は未経験からでも働きやすいように研修制度を整えているところが多いのです。

調剤を一から学べる環境と、未経験からでも無理なく現場で働いていけるようなカリキュラムは、大手のチェーン調剤薬局が中心に用意されています。

調剤薬局の薬剤師の未経験者におすすめの「研修制度」の中身は?

 

調剤薬局の薬剤師に未経験でチャレンジしたい人は研修制度が整っているところがよいと言いましたが、研修では何が学べるのでしょうか。

ここで示すのは一例ですが、未経験者は最初に合同研修などで調剤業務や患者さんへの基本的な対応などを学びます。

それから配属された調剤薬局で先輩薬剤師の指導を受けながら、実際にピッキング作業など簡単なことから取り組んでいき、水剤や軟膏剤の調剤や一包化など複雑な調剤も行っていきます。

調剤業務に慣れてくれば、風邪など軽い症状の患者さんへの服薬指導に取り組んでいきます。

その時も先輩がフォローしたり、事前にロールプレイ研修などができるので安心です。薬歴の記載についても学んでいきます。

その後も責任が重大な監査や調剤報酬について学んだり、医薬品の発注など調剤業務以外のことも覚えていきます。

未経験の薬剤師が段階を踏んで学んでいける研修なので、次第に処方せんや患者さんの症状のことも深く理解することができるようになります。

一年が経つ頃には調剤薬局の薬剤師として一通りの仕事ができるようになるでしょう。研修制度はその後も続き、さらなるスキルを身に付ける制度や、管理薬剤師を目指す制度などが整っています。

調剤薬局の薬剤師で未経験で転職するには

調剤薬局の薬剤師の未経験で注意して欲しいのは小さな調剤薬局への転職です。

研修制度がなくて人数も少ない薬局では、未経験のあなたに仕事を教える時間も機会もなく、調剤の仕方や患者さんへの対応の基礎を学ばずにすぐに実践しなければならない、ということがあるようです。

いろいろな事に早くから挑戦出来てよいという見方もできますが、基礎を学ぶことがないので将来に苦労することが多いようです。

ところで、大手の調剤薬局が未経験者に手厚い研修制度を用意するのは何故なのでしょうか。それは、優秀な薬剤師を育てて長く働いてほしいという方針からでしょう。

会社として未経験者をサポートする体制があるほうが、安心して転職できそうですね。

未経験者歓迎の調剤薬局選びには薬剤師転職サイトを利用しましょう。研修制度で学んで調剤薬局で働きたいという前向きの気持ちがあれば採用してもらえますよ。

このページの先頭へ