メディカルシステムネットワークの薬剤師は全国につながる

メディカルシステムネットワークの薬剤師は、創業地の北海道を中心にして、調剤薬局事業と医薬品等ネットワーク事業で全国にネットワークを広げています。

メディカルシステムネットワークは薬剤師教育や在宅医療に力を入れています。

メディカルシステムネットワークの薬剤師はネットワークでつながる

メディカルシステムネットワークの薬剤師は全国に大きなネットワークを持っています。

北海道札幌市に本社を置くメディカルシステムネットワークは、調剤薬局事業と医薬品等ネットワーク事業を中心に展開している会社です。

調剤薬局は北海道を中心に「なの花薬局」の名前で全国におよそ350店舗を展開しており、地域住民の皆さんに健康に関するさまざまなサービスを提供する「地域薬局」になろうとしています。

「なの花薬局」の薬剤師の新卒の初任給は248,500~298,500円(薬剤師手当などを含む)です。

中途採用者は経験、年齢により会社規程にて優遇され、初任給で27.0万円~45.0万円程度、25歳~30歳なら初年度年収は400万円~480万円程度です。

医薬品等ネットワーク事業とは医薬品卸と調剤薬局を結ぶネットワークで、調剤薬局が抱えるさまざまな悩みを解決しています。現在の医薬品等ネットワークの加盟件数はおよそ1,200件で業界のトップクラスです。

サービスの一つとしてデットストックの解消があります。調剤薬局では余ってしまった医薬品、つまり不動在庫の問題がしばしばおこり、廃棄処分などが行われていました。

医薬品等ネットワークでは加盟店舗から不動在庫となった医薬品を買い取って、他の調剤薬局に販売するなどのサービスで薬剤費の無駄を防いでいます。

また、調剤薬局は医薬品を仕入れる先である卸会社と個々に価格交渉を行う必要がありましたが、医薬品等ネットワークに加盟すれば、面倒な価格交渉を代行してくれます。

また、加盟店舗には合理的で経済的な発注システム、在庫管理システム、レセプトデータ管理システムなどを提供しています。

医薬品等ネットワーク加盟件数はどんどんと拡大しており、メディカルシステムネットワークの薬剤師にとっても大きな強みとなっています。

メディカルシステムネットワークの薬剤師は「薬の専門家」を目指せる

メディカルシステムネットワークの薬剤師の教育体制はとても充実しています。

メディカルシステムネットワークでは高い知識や技能、コミュニケーション術を持って地域で医療に貢献して活躍できる薬剤師を育成するために、いろいろな教育制度や研修制度を用意しています。

グループには日本薬剤師研修センターから認定を受けている「研修認定薬剤師制度」の実施機関もあり、研修会に出席すれば研修認定薬剤師制度の単位も取得することができるのです。

また、メディカルシステムネットワークでは地域医療への貢献とともに薬剤師の役割や職能を高めることもできる在宅医療に注力しています。

在宅医療では、なの花薬局の薬剤師が患者さんの自宅に訪問し、患者さんの状態に合わせて薬の飲み忘れを防ぐための方法を提案したり、飲み合わせのチェックや副作用が出ていないかなどを確認しながら服薬指導を行います。

また、残ったり余った薬はないかなど、医薬品の整理や管理も行います。

メディカルシステムネットワークの薬剤師教育を受けていれば、在宅医療を行う時に他の職種の人たちとも連携をしていくスキルを身に付けることができるでしょう。

メディカルシステムネットワークの薬剤師は「地域薬局」で活躍

メディカルシステムネットワークの薬剤師は「地域薬局」の薬剤師として、それぞれの地域の特徴に合わせた医療・介護サービスを提供しています。

たとえば、健康をテーマにしたセミナーなどのイベントや、カウンセリングなどを店舗で行ったり、健康診断や血液などの健康チェックサービスを無料で提供しています。

さらには、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)などの病気をもつ患者さんには症状に合わせたアドバイスを行うこともあります。

単なるチェーン調剤薬局ではなく、「地域薬局」を掲げるメディカルシステムネットワークであなたも働いてみませんか。

無料で登録できる薬剤師転職サイトから転職活動をすすめるとスムーズですよ。

このページの先頭へ