レデイ薬局の薬剤師は四国・中国地方で活躍中

レデイ薬局の薬剤師は四国と中国地方の200店舗以上で地域に貢献しています。

レデイ薬局はドラッグストアを中心とした展開ですが、ドラッグストア併設の調剤薬局や調剤専門の店舗にも力を入れており、「治す」を基本コンセプトに地域社会で活躍しています。

レデイ薬局の薬剤師といえば四国でNo.1

レデイ薬局の薬剤師は「すべてはお客様のために」を基本方針として、地域における「かかりつけ薬局」を目指しています。

レデイ薬局は中四国エリアではナンバーワンのシェアがあります。

本拠地である愛媛県を中心として四国四県と広島、山口の両県でドミナント戦略を展開しており、患者さんやお客さんを「治す」ことをコンセプトにして、調剤薬局、ドラッグストア、調剤併設型ドラッグストアの3つのスタイルで200以上の店舗を展開しています。

2015年には未来を見据えて、株式会社ツルハホールディングス及び株式会社フジと資本業務提携契約をしています。

レデイ薬局の大学新卒者の初任給は271,000円で、中途採用者の初任給は経験、能力により271,000円〜400,000円となっています。パートの時給は1,800円~です。

現在のところはドラッグストア型の店舗が大半で調剤薬局や調剤併設型ドラッグストアは少ないですが、調剤薬局の店舗数拡大による面分業の推進をすすめており、ドライブスルー型の調剤薬局など店舗も多様化しています。

調剤薬局の店舗は地域に根ざした「かかりつけ薬局」として、薬剤師は服薬指導を通じて患者さんとのコミュニケーションを深め、薬剤効果の確認や健康管理の相談などに力を入れています。

2011年からは在宅医療にも本格的に参加しており、地域医療の担い手として医療機関などと連携しながら在宅の患者さんへの取り組みを積極的に行っています。

セルフメディケーションへの意識の高まりとともに薬剤師が担う役割も大きくなっていますが、レデイ薬局全体としてはドラッグストアでの病気の予防も含めた「初期治療」から、調剤による「最終的治療」まで幅広い「治す」ニーズに対応しています。

レデイ薬局の薬剤師は教育・研修制度が充実

レデイ薬局の薬剤師になると、新入社員からベテラン社員まで充実した教育・研修制度が受けられます。集合型研修では新入社員研修・薬剤師基礎研修・新人薬剤師研修・薬局運営・在宅研修などがあります。

個人のスキルを磨くための研修としては設定薬剤師制度ネット講座・漢方アドバイザー講座・第1類医薬品OTC講座などが用意されています。

患者さんに適切なアドバイスをしたりお客さんに合った商品を選ぶ、相談スキルの向上を目指す研修もあります。

また、疾患別症例研究会・臨床事例勉強会・医療用医薬品スキルアップ講座など、エリアで学ぶ機会がありレデイ薬局内外の人との交流も盛んです。

キャリアパスが豊富で、管理薬剤師・ブロック長・本部部長としてのキャリアの他、営業職・人事職・教育研修・経理職など薬剤師以外のキャリアを積むこともできますよ。

レデイ薬局の薬剤師はさまざまな知識があり

レデイ薬局の薬剤師は調剤とドラッグストアの店舗があり、どちらの仕事も経験することができるので、働いているうちに薬剤師としてのさまざまな知識を身に付けることができます。

先に言ったように研修制度が充実しているので、経験も知識もある薬剤師を目指せる環境です。

また、女性薬剤師にとって気になる産休・育休・時短制度などですが、結婚して出産しても制度を利用して長く仕事を続けている女性がたくさんいます。

休暇制度などの福利厚生もしっかりしているので、安心して働くことができるでしょう。

どの調剤薬局に転職しようかと迷いますが、キャリアパスにも幅広い選択肢があるのでレデイ薬局の薬剤師には将来性がありそうです。

薬剤師転職サイトに登録すると、レデイ薬局の詳しい職場環境なども教えてもらえますよ。登録は無料ですので、中国・四国地方にお住いの方はレデイ薬局を転職先の一つとして検討してみるのもよいでしょう。

このページの先頭へ