調剤薬局の薬剤師の役割は増加中

調剤薬局の薬剤師の役割は処方せんに基づいた調剤を行い患者さんに渡すことですが、ただ薬を渡すだけでは役割を十分に果たしたとは言えません。

患者さんが他に飲んでいる薬はないか、副作用やアレルギー歴はないかなどをチェックして、安全で安心して服用してもらうことが必要です。また、処方した薬以外の質問に対応することも役割です。

調剤薬局の薬剤師の役割が知りたい

 

調剤薬局の薬剤師の役割は何でしょうか。調剤薬局の薬剤師は医師からの処方せんを基に薬を調剤して提供することが主な役割ですが、薬とは患者さんの健康に直接関わる重要なものです。

当然ながら間違いは許されれませんので、薬剤師は責任のある役割を担っていることになります。

この役割をきっちりと果たすために、お薬手帳などで患者さんが飲んでいる薬を確認し、他の薬との相互作用はないか、副作用やアレルギー歴、処方に疑問点がないかなどをチェックします。

さらに、二重チェックなどしっかりとした監査を行い、服薬指導を行いながら患者さんからの質問や疑問に答え、薬歴へ記載するなどの業務を行っているのです。

最近は在宅医療に積極的に関わる調剤薬局も増えていますね。在宅医療では患者さんの自宅や施設などを訪問し、臨床の現場に触れながら薬剤師の役割を果たすことになります。

その他、調剤薬局で地域でのお薬相談会などを行うなど、患者さんが安全に薬を服用するためにいろいろな役割を果たしています。

これらの役割ですが、患者さんから信頼を得ないと上手く果たせません。

薬剤師は一方的に情報を提供するのではなく、患者さんとのコミュニケーションを円滑に行いながら、信頼される関係を築いていくことを心がけましょう。

調剤薬局の薬剤師の役割は広がる

調剤薬局の薬剤師の役割ですが、最近は自分自身で健康を管理するセルフメディケーションという考え方が注目されていますね。

それに伴い調剤薬局の薬剤師も患者さんから食事や生活面など、病気にならない健康づくりのアドバイスを求められることが多くなってきました。介護についての質問を受けることも増えてくるでしょう。

これからの調剤薬局の薬剤師は調剤以外の分野でも、患者さんが不安に思っていることはオールマイティーに対応することが求められていくでしょう。

大変ですが、それが薬剤師の本当の役割ともいえますね。

調剤薬局 薬剤師の役割を果たすために

調剤薬局の薬剤師の役割は幅広くて責任も重大なことがわかりましたね。調剤薬局で働く薬剤師としての役割をしっかりと果たすには、働く職場の環境もポイントです。

忙しすぎて患者さんと十分に接する時間がない、職場の人間関係が悪くて仕事にも影響が出る、といった職場では、いくらあなたが薬剤師の役割を果たしたくても叶いません。

また、役割を果たすには薬剤師として医薬に関する知識や技術を学ぶ機会があった方がよいと思いませんか。

日々の業務の中から学ぶことはできますが、社内の研修制度などを設けて、オールマイティーな薬剤師になる支援をしてくれる職場のほうが、薬剤師の役割を果たしていきやすいでしょう。

職場の環境というのはあなた一人の力では変えられません。今の薬局では十分に薬剤師としての役割が果たせないという人は、よりよい環境の調剤薬局に転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職先を探すには薬剤師転職サイトを利用することをおすすめします。経験豊富のコンサルタントなら調剤薬局の職場環境まで知り尽くしているので、薬剤師として活躍しやすい職場を紹介してくれますよ。

また、調剤薬局で働いてみたいけれど薬剤師の役割が果たせる職場が探せるかどうかが不安、という人にもサイトを利用して求人を探すことをおすすめします。

未経験であっても、薬剤師の役割が誇れるようになる調剤薬局を教えてくれますよ。

このページの先頭へ