メディカル一光の薬剤師は患者さんの安全を守る

メディカル一光の薬剤師は主に三重県、愛知県、関西に住む人の健康な生活をサポートしています。

患者さんの安全とホスピタリティの精神を大切にして、地域に根ざした「かかりつけ薬局」になることを目指しています。

メディカル一光の薬剤師はおもてなしを大切にする

メディカル一光の薬剤師は良い医療や介護サービスをたくさんの人に提供することを経営理念とする会社で勤務しています。

メディカル一光は三重県、愛知県、大阪府、京都府を中心に、北海道から島根県までの1道2府10県で90店舗以上の調剤薬局を展開しており、医薬品卸事業、ヘルスケア、不動産事業も行っています。

三重県・滋賀県・大阪府・鳥取県・島根県・兵庫県では有料老人ホームやグループホームなど居住系の介護施設22施設があり、一部の施設ではメディカル一光の薬剤師が在宅医療を行っています。

医薬品卸事業では三重県・岐阜県の医療機関にジェネリック医薬品を販売しており、調剤薬局事業では1985年に三重県ではじまり、主に「フラワー薬局」の名前でチェーン展開を行っています。

「フラワー薬局」の薬剤師の新卒者の初任給は270,000円~340,000円(薬剤師手当含む)、中途採用者の初年度年収は430~600万円で年齢、経験を考慮のうえ規定により決定されます。パートの時給は1,800円~です。

言うまでもありませんが薬剤師は患者さんの安全性を優先しながら、正確、迅速な調剤をしなければなりませんね。

メディカル一光では長年現場で養ってきた経験に基づき、患者さんが安全に安心して薬を服用できるための独自の取り組みを行っています。

患者さんにはそれぞれ異なった個性や考え方がありますが、メディカル一光では患者さん一人ひとりを満足させる、まごころのこもったコミュニケーションを大事にしています。

メディカル一光の薬剤師は、これからも真心をこめた丁寧な対応で、患者さんの生活をサポートし続けていきます。

メディカル一光の薬剤師は人間性も学ぶ

メディカル一光の薬剤師は充実した教育制度が受けられますが、知識や技術を学ぶだけの教育ではありません。

メディカル一光では患者さんの役に立ちたいという精神面を学ぶプログラムも用意されており、新入社員研修に続くフォローアップ研修などでメディカル一光の社員としてふさわしい薬剤師へと導いていきます。

薬剤師教育は実際の業務を教わるだけでなく、自分自身で考えていく方法を習うことが中心です。薬局で勤務している薬剤師が教育担当を兼ねているので、実際の現場に合った教育を行っています。

また薬剤師の自己啓発として認定薬剤師資格の取得を支援する制度もあります。研修認定薬剤師は社内に140人ほどで、スポーツファーマシストや実習生の指導薬剤師などの資格を取得しています。

年に2度は薬剤師教育セミナーがあり、講師による講演会や社内研究発表会、改善策などを事業部が発表する機会があるなど、薬剤師の教育制度に力を入れています。

また、メディカル一光ではブラザーシスター制度と呼ばれるOJT制度を採用しており、入社すると先輩が患者さんへの服薬指導や調剤業務などを丁寧に指導します。

仕事に悩んだ時はいつでも相談しやすい環境なので安心ですね。

メディカル一光の薬剤師は福利厚生が充実

メディカル一光は薬剤師とその家族の豊かな生活もサポートしてくれます。

女性が気になる産前産後休暇、育児休暇のほか、特別休暇や介護休暇などの休暇制度があり、産休育休制度を利用して復職している女性薬剤師はたくさんいます。

各種保険や退職金制度、社宅やリゾートマンションなどの福利厚生もあります。メディカル一光で働くと仕事もプライベートも充実するので、安心して患者さんから信頼される地域の薬剤師を目指せるでしょう。

メディカル一光では薬剤師の中途採用は随時行っていますよ。

どんな会社なのかと気になる方は薬剤師転職サイトに登録してみるとよいでしょう。あなたの専任のコンサルタントが具体的な情報を教えてくれますよ。

しっかりと情報を集めておくことが転職を成功させる秘訣です。

このページの先頭へ