調剤薬局の薬剤師の面接の質問が知りたい

調剤薬局の薬剤師の面接の質問でよく聞かれるものは決まっているので、答えを事前に準備しておくと、自信をもって面接に臨むことができますよ。

面接対策をしっかりと行って希望する調剤薬局の採用を勝ち取りましょう。

調剤薬局の薬剤師の面接の質問でよく聞かれるのは

 

調剤薬局の薬剤師の面接の質問ですが、よく聞かれる質問はこれらでしょう。

・この調剤薬局に応募した志望理由は

・これまでの職務経験について

・他に受けている調剤薬局はあるか

・年収や勤務地の希望

まず、応募した理由ですが、他の調剤薬局ではなく、何故ここの調剤薬局に応募したかを具体的に答える必要があります。

次の職務経験ですが、調剤薬局の経験がある人は扱っていた処方の得意分野など、応募する調剤薬局にメリットとなることを挙げましょう。調剤未経験でも調剤薬局で活かせる経験をどんどんアピールするとよいですね。

次の質問ですが、いくつかを並行して応募している時は、正直に答えたほうがよいでしょう。本命の調剤薬局の採用結果を待ってもらうなどの調整が必要だからです。

年収や勤務地の希望は、強く主張過ぎるのはNGですが、転勤は不可などある程度は正直に答えておきましょう。面接でうまく話せなければ採用の連絡をもらったときに再度確認するのもありです。

まだまだ聞かれる質問はありますが、この4つの答えはしっかりと用意しておきましょう。

調剤薬局の薬剤師の面接、質問以外に注意することは

 

調剤薬局の薬剤師の面接の質問ですが、質問の答えばかりに気を取られてはいけません。面接官は質問の答えの内容だけでなく、その答え方など面接時の態度もチェックしているのです。

面接の質問の受け答えに覇気がなけらば、やる気がないと思われてしまいます。誰でも面接では緊張してしまいますが、笑顔があって明るく自信をもって答えないと、前向きに働く姿勢が感じられないのです。

また、面接官は応募してきたあなたが他の薬剤師と一緒にやっていける人物であるかどうかをチェックします。調剤薬局は職場の人とのチームワークがあってこそできる仕事です。

自己主張が強すぎるなど、協調性がない人が一人いるとスムーズに調剤業務ができなくなるので、この点は面接中からチェックされていますよ。

だらっと座ったり、言葉が丁寧でないなど、社会人マナーが身についていないと思われる人は不採用にされる可能性があります。

転職理由や転職回数など答えにくい質問もあるかもしれません。しかし、質問したことに答えられなければコミュニケーション能力がないと判断されます。

最後に何か質問はないか、と聞かれることがあります。その時は「特になし」ではなく、応募する調剤薬局について聞いてみたい事を逆に質問することで、あなたのやる気を示しましょう

調剤薬局の薬剤師の面接の質問対策をするには

調剤薬局の薬剤師の面接の質問ですが、薬剤師を一人採用するというのは、会社にとってもコストも手間もかかります。長く働いてくれる人を採用するために、面接でいろいろなことをチェックしているのです。

採用されるために嘘をつくことはいけませんが、あなたを最大限よく見せるためのパフォーマンスはOKです。面接で最高のパフォーマンスを見せるには、面接対策を万全にすることです。

しかし学生時代の就職活動をしてから面接なんかしていないし、どうやって面接対策をすればいいかわからない、という人、多いですよね。

薬剤師の転職をサポートする薬剤師転職サイトでは、あなた専任のコンサルタントが面接対策もやってくれます。よりよい質問の答えを作成したり、面接シミュレーションをするなど、事前準備を一緒にやってくれます。

面接対策がばっちりだと本番はあまり緊張しないですみ、採用にも近づきますよ。面接が不安な方は利用してみましょう。

このページの先頭へ