調剤薬局の薬剤師のレベルはさまざま

調剤薬局の薬剤師のレベルはさまざまといって良いでしょう。

患者さんによりよい服薬指導ができるように、医薬品の知識を向上させようと日々勉強を行う薬剤師と、処方せんをみて調剤をして、ただ渡すだけを繰り返す薬剤師では、レベルが違って当然です。

個々の薬剤師のレベルだけでなく、薬局全体のレベルもさまざまなので、どのレベルの調剤薬局で働くかは重要なポイントです。

調剤薬局の薬剤師のレベルについて

調剤薬局の薬剤師のレベルですが、はっきりといってピンキリです。気を付けて欲しいのは、レベルと言っても能力が低いか高いかということではありませんよ。

調剤薬局の薬剤師は覚えることが多いので、経験が長いほど通常はレベルが上がっていきます。最初のうちはレベルが低いのは仕方がないことです。

最初は誰でもレベルが低い状態からスタートします。仕事を一通り覚えるまでは知らないことが多くて大変で、一生懸命勉強しているのにレベルがなかなか上がらないと自己嫌悪を感じる人もいます。

しかし、調剤薬局の薬剤師のレベルは机上で勉強するだけでは上がりません。

調剤をこなしているうちに処方箋のパターンや服薬指導のコツがわかるようになるので、自分で勉強をしながら調剤の現場で経験を積むのが、レベルを上げる秘訣です。

また、働く姿勢でもレベルが上がるかどうかが決まります。ただ前にある処方箋を何の疑問もなく調剤して患者さんに渡すだけではレベルは上がりません。

この処方にはどのような意図があるのかを考えたり、この薬についてもっと調べてみようなどの意欲がある人は、レベルが上がっていきます。

このように調剤薬局の薬剤師のレベルを上げるには、調剤経験が積める職場と気持ちが必要です。

患者さんと上手にコミュニケーションをとりながら毎日の勤務で幅広い経験をつみ、調剤薬局の薬剤師として活躍したいと考える薬剤師は、レベルの上達が早いです。

調剤薬局の薬剤師のレベル、未経験者は?

調剤薬局の薬剤師のレベルは経験が積める職場とあなたの気持ちが必要だと書きましたが、調剤未経験者の人がいきなり大病院の門前薬局で働いて経験を積むのは簡単ではありません。

このような調剤薬局では診療科も薬の種類も多いので、やりがいもあってたくさんの経験が積めるメリットもありますが、より高い専門性が求められるので仕事は大変です。

はじめて調剤薬局で働く人は他の人のレベルについていけず、いつまでたっても重要な仕事に加われないなど、デメリットとなることもあるのです。

大きなところで経験を積んで知識を向上させたいという気持ちは大切ですが、調剤薬局によってレベルや環境の違いがあります。

初めての調剤や長いブランクがあって大丈夫かと思うあなたは、診療科目や扱っている薬が少なめの調剤薬局を選ぶか、未経験者への研修制度があるところなど、あなたのレベルに合った調剤薬局を選ぶほうがよいでしょう。

調剤薬局の薬剤師がレベルに合った職場選びをするには

調剤薬局の薬剤師にはレベルの違いがあるということが分かりましたね。

先程とは逆のパターンで、調剤薬局での経験が豊富な人が単純な処方せんばかり扱う調剤薬局で働いたら、自分のレベルよりも低くて物足りないと感じるかもしれません。

調剤薬局で働くなら、自分と同等か少し高いくらいのレベルのところで働く方がモチベ―ションも高まります。

働いてからレベルの違いに悩まないように、転職するならば自分に合うレベルの調剤薬局かどうかを先によく考えておきましょう。

とはいっても、自分のレベルに合うかどうかを転職前に知るのは難しいですね、、、。

このような時は、薬剤師転職サイトを利用するとよいでしょう。専任のコンサルタントは調剤薬局の内部の情報をよく知っているので、あなたのレベルに合う調剤薬局かどうかを判断するサポートをしてくれますよ。

このページの先頭へ