調剤薬局の薬剤師のブランク後の再就職について

調剤薬局の薬剤師がブランク後に再就職する時は、仕事から離れている間に新しい薬がたくさん発売されてわからないかもと不安になります。

復職するかどうかを悩む薬剤師も多いですが、ブランク後に再就職しやすい調剤薬局で、薬剤師の教育制度があるところを選べば、あまり心配しなくても大丈夫です。

調剤薬局の薬剤師、ブランク後の再就職への心構え

 

調剤薬局の薬剤師のブランクから再就職。結婚や子育てなどを機に家庭に専念して、落ち着いた頃に復職を考える薬剤師はたくさんいます。

最初は子供が幼稚園に入ったら復職しよう、などと思っていたのが、いろいろな事情もあって、気づけば10年もブランクになっていた、という人は珍しくありません。

中には子供が成人近くなり、20年くらいブランクがある、といった人もいるほどです。

さて、仕事から離れていた期間の「ブランク」は、やはり長くなれば長くなるほど再就職への不安は大きくなります。

医薬の世界の進歩は速く、新しい薬は増える一方です。保健医療制度もずいぶんと変わってきました。

調剤機器もどんどんと新しくなり、電子薬歴や自動分包機を使用する調剤薬局の割合が高くなっています。以前の知識のままでは調剤薬局の薬剤師としては通用しません。

でも、考えてみてください。世の中には未経験から調剤薬局に挑戦する人もたくさんいます。ブランク前に調剤薬局で少しでも経験があるあなたは未経験者に比べてずっと有利だと思いませんか。

今のあなたに足りないものはブランク中に起きたことの知識と、仕事をしていた頃の感覚です。これは、焦らず少しずつ学んでいくことで、取り戻していくことができますよ。

調剤薬局の薬剤師でブランク後再就職によくある失敗とは

 

調剤薬局の薬剤師がブランク後に再就職する場合、ブランクの期間や状況にもよりますが(他の職種に従事していた、など)少しずつ学んでいく必要があるといいました。

この「少しずつ」ということがキーワードです。

ブランクがあっても仕事が始まれば大丈夫、と思うかもしれません。しかし、いくら優秀な薬剤師でも、ブランクがあると調剤業務をする感覚が鈍ってしまい、仕事に慣れるには思っている以上に時間がかかります。

大丈夫と思う人ほど早く第一線に復帰して働こうとしてしまい、焦って調剤過誤をしてしまうなど、結果として再就職がうまくいかないケースも発生しているのです。

ブランク後の再就職は焦らずゆっくりが基本です。

職場としては、一人当たりの処方せん枚数が少なめで、薬剤師の人数が多めの薬局を選ぶとよいでしょう。

反対に、一人薬剤師体制の調剤薬局や、大学病院の門前などたくさんの医薬品を扱う薬局は、長いブランク後の再就職には避けた方が無難です。

ブランクはあるけど少しずつ頑張っていきましょうというスタンスで、わからないことがあったら教えてもらえる体制がある調剤薬局が理想ですね。

調剤薬局の薬剤師がブランク後の再就職に成功するには

調剤薬局の薬剤師のブランクからの再就職ですが、無事に再就職できたとしても、ブランクの分だけ追い付かなければなりません。

しかし一人で勉強するのは大変ですので、ブランクありの薬剤師を対象とした教育システムを上手に利用しましょう。

大手の調剤薬局チェーンの中にはブランクありの薬剤師を積極的に採用しているだけでなく、ブランクありの人向けの研修制度を整えているところもあります。

あなたの経験や技量に合わせて学ぶ機会があれば、再就職もスムーズにいきそうですね。

ブランクがある薬剤師の再就職を歓迎している調剤薬局を見つけるには、薬剤師転職サイトに登録して、ブランク可の調剤薬局を探すとよいでしょう。

専任のコンサルタントと相談しながら、焦らずゆっくりと復帰できる調剤薬局を見つけてくださいね。

このページの先頭へ