アイセイ薬局の薬剤師は成長を続ける

アイセイ薬局の薬剤師にはさまざまな可能性が広がっています。

アイセイ薬局は首都圏を中心にして全国に300店舗を超える展開を行う調剤薬局チェーンで、医療モール開発にも力を入れています。

アイセイ薬局は薬剤師も会社もさまざまなことにチャレンジ

アイセイ薬局の薬剤師は、現在は北海道から広島まで300以上の店舗に1000人以上が在籍していますが、地域医療を支える地域密着型の調剤薬局を目指して日々挑戦を続けています。

全国に店舗はたくさんありますが、アイセイ薬局では店長を中心に各店が独自の店づくりを行っており、地域ごとにも異なる患者さんに合わせて居心地のよい空間づくりを目指しています。

店舗によってそれぞれ特長があり、薬剤師は病気の事だけではなく何でも気軽に相談できるような存在となれるように取り組んでいます。

アイセイ薬局の大学新卒者の初任給は基本給220,000円+薬剤師手当30,000円+各種手当となっており、中途採用者の年収は地域や店舗によっても異なりますが、初年度年収は430~550万円程度で30歳の経験者では480~500万円のようです。パートの時給は1,800円~です。

アイセイ薬局では会社としても独自の取り組みをたくさん行っています。

例えばお薬手帳は家に置き忘れてきたり、紛失しやすいので、スマートフォン用のお薬手帳アプリの「おくすりPASS」を取り入れ、患者さんの服薬を向上させるために新しいシステムを立ち上げました。

また、ドクターの誘致から建物の選定までアイセイ薬局がでトータルでコーディネートする「医療モール」の開発に力を入れており、その数は業界でもトップクラスの全国86施設にのぼります。

さらに、これからの超高齢化社会に向けて介護福祉事業にも力を入れています。医療と介護は切り離せないものとして、医療モールと介護施設とを結びつける新しいかたちでの地域医療の発展に取り組んでおり、薬剤師による在宅医療も早くから行っています。

アイセイ薬局の店舗には独自の季刊フリーペーパー「ヘルス・グラフィックマガジン」があります。患者さんに病気や健康についてわかりやすく解説するサービスの提供で、健康への関心を高めることに貢献しています。

アイセイ薬局の薬剤師は中途採用でも安心

アイセイ薬局の薬剤師は製薬会社などで働いていたなど薬剤師の資格はあるけど調剤は未経験という人がたくさんいます。

というのも、アイセイ薬局に転職してきた薬剤師に対しては特別な研修プログラム「@Pharm」があり、入社後に調剤薬局のスキルを身につけるプログラムで薬剤師をサポートしてくれます。

内容は、薬学の基礎からを再確認する座学や研修センター内にある本格的な模擬店舗で行う受付や投薬といった実務演習、服薬指導などで必要なコミュニケーションスキルや店舗運営に関わるスキルなどで、薬局の現場に出てから必要な力を身に付ける機会があります。

仕事から離れてブランクが気になる人も個人のスキルに見合ったフォローが受けられるので、安心して転職することができるでしょう。

アイセイ薬局の薬剤師は活躍の場が広い

アイセイ薬局の薬剤師になると、薬剤師という枠にとらわれずにさまざまなフィールドで活躍できる可能性があります。

入社後は調剤薬局勤務からはじまり、薬局の店長などの店舗責任者となって管理や運営の経験を積むことができます。

その後はエリアの複数店舗を運営するマネ―ジャー、薬剤師向けの研修を実施する学術・研修担当、医療モール開発担当、本部の販売促進や業務効率化を推進する営業推進担当など、それぞれのスキルと経験にあわせて活躍出来る場が広がっています。

これは転職して中途採用で入社した薬剤師にも同じことがいえます。

産休育休の取得率も非常に高く、時短勤務制度も子どもが小学校に上がるまで利用することができます。

アイセイ薬局は充実した研修制度が整っているので薬剤師としても、薬剤師という領域を超えての成長もできる会社といってよいでしょう。

アイセイ薬局に転職を考えている人は、まずは無料で利用できる薬剤師転職サイトに登録してみましょう。各店舗のそれぞれの雰囲気などより詳しい情報を教えてもらえますよ。

このページの先頭へ