オストジャパンGの薬剤師は北海道で「共感」する

オストジャパンGの薬剤師は社訓である「共感」をもとに、健康に悩む患者さんひとり一人の思いを共有して一緒に考えていくことを大事にしています。

オストジャパングループは健康で安心して暮らすことのできる社会づくりの一翼を担っていきます。

オストジャパンGの薬剤師は北海道に拠点

オストジャパンGの薬剤師は調剤薬局やドラッグストアのほか、福祉施設のなどの運営を行うオストジャパングループで勤務しています。

2002年に北海道札幌市に設立されたオストジャパンGは、現在は富士薬品の子会社となり、医薬品卸売事業も行っています。

調剤薬局は北海道に20店舗あり、主に病院・クリニックの近くの門前薬局として展開して、北海道の地域に根ざす薬局を目指しています。

オストジャパンGの薬剤師の新卒者の初任給は270,000円で、中途採用者の初任給は年齢、経験、能力を考慮のうえ、規定により決定されます。

オストジャパンGの特徴としては、薬剤師に充実した研修体制を行い、患者さんが満足する質の高い服薬指導ができるようにするほか、電子薬歴システムを使用して健康に関する情報を提供するオリジナルのシステムを導入しています。

来局する患者さんの気分をやわらげる店舗づくりにも力を入れ、待合室を癒しややすらぎを感じられる空間にするように心がけています。

さらに、調剤薬局は一種のサービス業ととらえ、患者さんが待ち時間を有効に活用できるような工夫を凝らした店舗作りもやっています。

また、オストジャパンGの薬局では同グループが行う福祉事業のノウハウも生かしながら、高齢の患者さんの立場に立った服薬指導や介護の相談を行っています。

調剤薬局を評価しているのは患者さんです。オストジャパンGの薬剤師は患者さんのニーズに対応するのはどうすればよいのかを常に意識しながら、服薬指導などに取り組んでいます。

オストジャパンGの薬剤師は信頼を重視

オストジャパンGの薬剤師は、整った研修制度で常に最先端の医療を学び、最前線で活かすことを考えて「医療」と真剣に向き合っています。

国家試験から3年以内の社員を対象に毎月新人研修を行ったり、年に2~3回は全職員を対象とした研修が行われ、ドクターを招いた講演会などで薬剤師としてのスキルアップをはかっています。

また、オストジャパンGは他の医薬品との重複や相互作用、副作用や禁忌、食品やサプリメントなどとの兼ね合いなど、膨大な情報を管理する独自のシステムを使用しています。

現場で働く薬剤師の意見を取り入たこのシステムにより、患者さんの安全や信頼を確保することができます。

「調剤機器」は調剤した後の状態がイメージしやすく工夫されたもので、薬剤師の複雑な調剤をサポートします。

処方歴や過去の服薬指導の確認ができる「電子薬歴」はオストジャパンGで働く薬剤師をサポートするほか、担当する薬剤師の指導のばらつきによる患者さんの混乱を防ぐために役立っています。

オストジャパンGの薬剤師は働きやすさも魅力

オストジャパンGの薬剤師は働きやすさも満足できますよ。オストジャパンGの社員の定着率は高く、勤続年数10年以上の社員も多く在籍しています。

また、年次有給休暇の消化100%を会社として推奨しており、社員は実際に80~100%の有給休暇を消化しています。

さらに、1週間程度の長期休暇を取得している社員も多く在籍しており、仕事もプライベートも大切にしながら勤務することができます。

福利厚生も、社会保険完備、育児・介護休暇制度、退職金制度JTB会員制度福利厚生サービス、親睦会、と充実しているので安心ですね。

オストジャパンGは、自然に恵まれた北海道という環境の中で、優秀な薬剤師を採用して健康な生活の輪を広げていくことを目指しています。

オストジャパングループの社訓に共感したり、働きやすさに魅力を感じたりするあなたは、薬剤師転職サイトに登録してみましょう。専任のコンサルタントからさらなる情報を集めることができますよ。

このページの先頭へ