調剤薬局の薬剤師の将来性はどうなる?

調剤薬局の薬剤師の将来性。これからの調剤薬局はどうなっていくのでしょうか。

調剤薬局の薬剤師として生き残っていくためにはあなたのスキルの向上や、将来性のある調剤薬局選びが欠かせなくなりますよ。

調剤薬局の薬剤師は将来性は大丈夫?

 

調剤薬局の薬剤師の将来性について心配をしている人は多いようです。

調剤薬局の店舗数は55,000店といわれ、コンビニの数よりも多くなっています。大病院前には門前薬局がずらりと立ち並ぶなど、調剤薬局同士での過剰な競争も行われていますね。

大手の調剤薬局による中小の調剤薬局の吸収や合併も盛んに行われており、入社した会社と今現在の会社の名前が違うといったケースは珍しくもありません。

吸収や合併されて給料体系などがよくなる場合はいいのですが、給料が下がったり、合併に伴い異動があった、また社風に合わないなどという理由で転職を考える人も多いようです。

今は大丈夫そうでも、これからの将来、自分が働いている調剤薬局は安定して経営ができるのだろうか、と心配にもなっている人もいるでしょう。

また、薬学部・薬科大学が激増したことにより薬剤師の数は増え、都市部ではすでに飽和状態といわれています。薬剤師不足といわれる地方でも徐々に解消されていくようです。

それでも現在は全体的には薬剤師数が不足気味で、資格があれば未経験でも調剤薬局に転職することは可能です。

しかし、将来的には資格があってもスキルが無ければ希望する調剤薬局に転職することが難しくなる可能性がとても高いのです。

このような状況のため、調剤薬局の薬剤師として将来も安定して働くためには、今のうちにしっかりと対策を行うことが大切です。

調剤薬局の薬剤師、将来性が安定した調剤薬局とは

 

調剤薬局の薬剤師の将来性ですが、医療に関わる調剤薬局の薬剤師の仕事がなくなるということはないでしょう。これからの高齢化社会では在宅医療など、調剤薬局の薬剤師の需要も増えていくと考えられています。

しかし、どこの調剤薬局も将来生き残れるかというと、そうではないようです。将来性が危ぶまれているのはやはり個人薬局です。

個人薬局の薬剤師は給料が高めなことも多いのですが、近くの医院やクリニックが閉院となったりするとその影響が大きく、経営ができなくなるリスクをかかえています。

個人では医薬品の在庫管理も難しい上、周りに他の調剤薬局が進出して患者さんをとられてしまう危険性もあるのです。

このようなことを考えると、個人薬局に勤めるよりは、大手チェーンの調剤薬局など経営の基盤が大きい会社で正社員になるほうが、将来性という意味ではリスクが少ないのかもしれません。

とはいっても将来は誰もわかりません。個人薬局でも立地がよくてこの先もずっと安定した経営をするところもありますし、逆に大手チェーンに勤めていてもどうなるかはわかりません。

となると、会社選びの他に、あなた自身のスキルを高めておくことが大切です。

調剤薬局の薬剤師、将来性がある転職先の選び方

調剤薬局の薬剤師の将来性。資格はあるけど調剤薬局の薬剤師としての知識や経験が浅い人は、今のうちにどこの調剤薬局でも働けるスキルを身に付けておきましょう。

薬剤師過剰の時代に万が一仕事を失ったとしても、スキルがあれば採用してくれる調剤薬局が必ずあるからです。

スキルを身に付けるなら、教育・研修制度がある調剤薬局で働くことをおすすめします。幅広い薬の知識やコミュニケーションスキルを学んでおけば、将来の何よりの強みになります。

将来性のある調剤薬局選びに迷う時は、無料で登録ができる薬剤師転職サイトを使ってくださいね。経験豊富なコンサルタントがあなたの将来にぴったりの調剤薬局を選んでくれるでしょう。

あなたの将来性は、あなたの努力や、今からの行動で変えることができますよ。これからの薬業界の動きにも注目していきましょう。

このページの先頭へ