調剤薬局の薬剤師の勤務時間を確認しよう

調剤薬局の薬剤師の勤務時間は、調剤薬局の近くにある医療機関の診察が終わる時間に左右されます。大病院の門前では17時頃まで、診療所の門前では20時頃までというのが多いでしょう。

一日の開局時間が長い場合はシフト制をとりますが、患者さんがたくさん来局した場合は、定めれた勤務時間に終了できない事もあります。

調剤薬局の薬剤師の勤務時間は?

 

調剤薬局の薬剤師の勤務時間ですが、正社員の場合、多くは週40時間の勤務時間です。調剤薬局は近くにある病院や診療所の時間に合わせて勤務が始まり、朝は9時頃からが多いでしょう。

開局前には白衣に着替えたり、薬局内を清掃したり、調剤業務の準備を行うので、開局時間より15分くらいは早めに出勤します。

勤務時間の終了は近くの医療機関の診察が終わり、最後の患者さんが来局してからとなることがほとんどです。診察受付の時間が過ぎてから1時間以上経って調剤薬局が終了するということも少なくありません。

勤務時間ですが、大学病院や総合病院などの門前薬局では9時~17時半(午後は予約診療が16時くらいまでなど、午前に比べて患者数が少なく17時ごろに残業なく終了すると思います。)といった企業のような形態で、正社員なら開局時間中ずっと勤務します。

反対に、クリニックなどの門前の調剤薬局の場合は9時~20時といった長めの勤務時間で、早番や遅番といったシフト制をとることが多いです。

クリニックの診察時間が午前9時~12時、午後16時~19時といった場合は、昼に長い休憩がとれ、家に帰って休憩をしたり、買い物などの用事をすることで、家庭と仕事のバランスを上手にとっている人もいます。

気になるのが土日勤務時間です。調剤薬局は日曜・祝日休みが多いですが、土曜日に半日開局するところが多くて、順番で勤務を行うなどの調整をしています。

いずれも、正社員とパートで午前中や夕方などの忙しい時間帯は人数を増やすなどの調整をして勤務時間を決めていきます

調剤薬局の薬剤師の勤務時間。土日休み、17時までが理想だけど。

 

調剤薬局の薬剤師の勤務時間ですが、勤務時間が短くて土日休みの調剤薬局で働きたいと考える人も多いですが、好条件の勤務時間の求人は希少なので、見つけ次第早めに応募しましょう。

かつては大病院の門前の調剤薬局は土日休みで17時までといった勤務時間が多かったのですが、最近は大病院の診察時間も長くなる傾向で、17時までの調剤薬局が減ってきているようです。

医療ビルにある調剤薬局などでは17時までの勤務時間のところも探せばあるかもしれません。

小さい子供がいて長い勤務時間では働けない人は、時短制度を使ったり、決まった時間に帰れるようにシフトを組んでくれないか交渉するのもよいでしょう。

調剤薬局の薬剤師の勤務時間。実際の勤務時間を調べよう。

調剤薬局の薬剤師の勤務時間。患者さんが多い日は規定の勤務時間では終わらず残業となることが多いです。

連休前後や冬など風邪が流行する時期では患者さんがあふれ、残業が続くことがあります。勤務時間中は調剤に追われ、勤務時間が終わって閉局してから薬歴を記載することもあるでしょう。

薬剤師の勤務時間は患者さんの増減に影響されやすく、求人票の勤務時間とは異なることがあります。

また、決まった勤務時間に終了できるかどうかは、一緒に働く薬剤師の人数やスキルにもよりますね。

効率的にテキパキと仕事をこなす人が多ければよいですが、だらだらと働く人が多い職場では無駄に勤務時間が長くなる傾向です。

残業となった場合にきっちりと残業代がつくかどうかも調べておきたいですが、このような実態は自分ではなかなか手に入れられません。

薬剤師転職サイトを利用すると転職したい調剤薬局の勤務時間の実際などを詳しく教えてもらえますよ。

転職してから勤務時間が思ったよりも長い、、、といったことにならないように、転職前の情報収集に力を入れましょう。

このページの先頭へ