調剤薬局の薬剤師は人間関係に悩む人が多いって本当?

調剤薬局の薬剤師は人間関係に悩みを抱える人が多いようです。みんなが仲良く雰囲気がよい調剤薬局もありますが、女性が多い調剤薬局では派閥やグループ化するなど、女性特有の人間関係も生まれがちです。

人間関係の問題で仕事を辞めようかと悩む薬剤師は少なくありません。

調剤薬局の薬剤師の人間関係の悩みとは

調剤薬局の薬剤師の人間関係は働きやすさを左右します。薬剤師は他の職業に比べると女性の割合が多く、中でも調剤薬局で働く薬剤師には女性が多いという特徴があります。

個人的な意見かもしれませんが、女性はグループになって行動をしがちです。働く薬剤師がみな同じ考えであればこのようにグループになることはないのですが、意見が二つあると薬局の中も二つに分かれてしまいます。

意見が対立するきっかけは仕事に関することだけではなく、年齢やら家族関係、趣味など、プライベートに関わることも含め、ありとあらゆることから人間関係にヒビが入ります。

私は○○さんのグループ、あなたは●●さん派、などとなり、○○さんグループの人とは働きたくないなど、働くシフトにも影響が出たり、みんなで共有しなければならない大切な情報が知らされなかったり、、、。

子供の喧嘩のようにも思えますが、実際にこのようなことは起きています。

調剤薬局の規模にもよりますが、調剤薬局は一緒に働く人が少ない閉鎖的な空間が多いので、より対立が深まってしまうのです。

また、性格のキツいお局さんが調剤薬局を仕切っているというケースもよくあります。お局さんに嫌われると嫌味を言われたり、陰口をたたかれたりということもあります。

こういう状態になると、人間関係が仕事にも支障をきたすことになり、調剤薬局の仕事に純粋に打ち込む状況ではなくなります。

調剤薬局で働く薬剤師にはこのような人間関係に悩む人がたくさんいるのですが、自分一人では何の解決方法もないところが、人間関係の悩みの困ったところです。

調剤薬局の薬剤師の人間関係をうまくやっていくには

調剤薬局の薬剤師の人間関係について書きましたが、人間関係の悩みは薬剤師だけの世界だけでけではなく、どんな仕事でも人間関係の悩みは多少なりとも必ずあると思います。

しかし、調剤薬局内の人間関係の悩みは解消されにくく、仕事へのストレスを感じる人もたくさんいます。

調剤薬局の人間関係をうまくやっていく方法としては、

・グループができてもなるべく中立の立場にいて、関わらないようにすること。

・勤務時間中は仕事と割り切って、自分の仕事が終わったらさっさと帰ること。

・必要な意見を主張しなければなりませんが、主張しすぎるのはトラブルの元。

・プライベートのことはあまり話さない。

などがよいでしょう。

人間関係の悩みはいつ生まれるかわかりません。人間関係が悪くなってしまったら、自分を守ることも大切なのです。

調剤薬局の薬剤師の人間関係がどうしてもうまくいかない時は

調剤薬局の薬剤師は人間関係に悩まない職場で働くのが一番です。人間関係が良好で楽しく働ける調剤薬局だと仕事も楽しくなりますね。

しかし、そうでない職場で働いてた時はどうなるのでしょうか。

先にも書きましたが、人間関係の悩みは一人で解決できるものではありません。自分ではどうしようもなくなり、耐えられないとなった時は辞めるしかないと思います。

次の職場で人間関係の悩みを減らしたいならば、店舗が異動できる大手チェーン店とか、人数が10名くらいはいる少し大きめで風通しのよい職場を選ぶのがいいかもしれません。

あとは薬剤師転職サイトに登録して、コンサルタントに気になる調剤薬局の人間関係についての情報を手に入れるのがいいでしょう。

どんな職場で働いていても途中で人間関係が悪化する可能性はあるのですが、少しでも人間関係の悩みが少なそうな職場は選ぶことはできますよ。

このページの先頭へ