調剤薬局の薬剤師の志望理由が知りたい

調剤薬局の薬剤師の志望理由、どうやって書くか迷っている人はいませんか。

どんな仕事に応募する時にも履歴書に志望理由を書かなければなりませんが、他ではなく「この調剤薬局」で働きたい気持ちを伝えなければなりません。上手に志望理由を書いて、採用担当者にアピールをしましょう。

調剤薬局の薬剤師の志望理由、何て書けばいい?

 

調剤薬局の薬剤師の志望理由ですが、何と書いたらよいでしょうか。転職する時には志望理由が必要で、履歴書にしっかりと記入しなければならないものです。

上手な志望理由を考えるのは、はっきりといって難しいし時間もかかります。めんどくさいと思うかも知れませんが、調剤薬局の薬剤師になりたいあなたを最初に知ってもらう大切な機会です。

調剤薬局では処方せんに基づいた調剤を行って患者さんに薬を渡しますが、どこの調剤薬局で働くかによって仕事内容は異なりますね。

まずは、何故この調剤薬局を選んだかを出来るだけ具体的に書いてみましょう。

専門性の高い大病院の門前薬局では「高度な医療を行う病院の処方を通じて自らのスキルを高め、薬剤師のプロを目指したい」、地域の住民でにぎわう町のかかりつけ薬局では「患者さんとの距離が近い薬局で地域から信頼される薬剤師になりたい」、研修制度が充実している薬局は「薬剤師の育成に力を入れている薬局で学びたい」などと述べてはどうでしょうか。

また、これまでに調剤経験がある人は、具体的にどのような経験があり、どう活かすつもりかを内容に盛り込みましょう。

調剤薬局での経験がなくても、ドラッグストア勤務で培ったお客さんとのコミュニケーションスキルで、「話しやすいと思われる薬剤師になりたい」、という風に盛り込みましょう。

協調性には自信がある、仕事を覚えるのが早い、など、あなたの得意とすることも忘れずに加えてください。いずれにしても、志望理由には上を目指して頑張っていきたいという意思表示が大切です。

あなたの気持ちがこもった、オリジナルの志望理由を書いてくださいね。

調剤薬局の薬剤師の志望理由のNGは

 

調剤薬局の薬剤師の志望理由ですが、年収や労働条件で調剤薬局を選ぶこともあるでしょう。しかし、給料がよいから、とか、残業がなさそうだから、といった理由で志望したと記載するのは控えてください

楽をしてお金を儲けたいのではと思われて評価を下げる可能性があります。

そして「やりがいがありそうだから」などの短すぎて抽象的な志望理由もNGです。志望理由の欄が埋まるくらい書いた方がいいです。

また、転職活動をする時は2,3の調剤薬局に面接に行くことが多いですが、どこでも同じ志望理由を書くのは止めましょう。

志望理由に応募する調剤薬局の情報を調べて盛り込めば好印象ですが、漠然とした理由で具体的な内容が含まれていないと使い回しを見抜かれ、どこの薬局でもいいのでは?と思われるかもしれませんよ。

調剤薬局の薬剤師の志望理由がまとまらない時は?

調剤薬局の薬剤師の志望理由は、応募する調剤薬局の特徴や仕事内容を捉えて、自分でアピールする文章を作成しましょう。

といっても、志望理由を考えていても、なかなかうまくまとまらないこともありますよね。もっと上手くアピールできないかなあ、と思う人もいるかもしれません。

それに仕事をしながらの転職先探しや、子育て中のあなたでは、忙しくて志望理由をじっくりと考える時間がない、という人もいるでしょう。

そういう時は薬剤師転職サイトに登録して、転職支援のプロのコンサルタントに相談してはいかがでしょうか。

魅了的な志望理由の書き方だけでなく、履歴書全般の書き方や、面接対策なども教えてくれますよ。この人を採用したいなと思わせるような志望理由を作成し、自信をもって採用面接に臨んでくださいね。

このページの先頭へ