薬剤師が調剤薬局から調剤薬局に転職したい時は

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局に転職。よりよい条件を求めたり、様々な経験を積んでステップアップを図るために別の調剤薬局に転職する人は少なくありません。

経験があるので転職先でも即戦力として考えてもらえるので、高収入で採用してもらうことも可能です。

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局へ転職を考える主な理由とは

 

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局に転職。調剤薬局には実に様々な形態があり、同じ調剤薬局という職業に就いていても、どこで働くかで必要なスキルや学べることが大きく異なります。

大学病院や総合病院の門前と、整形外科や眼科などの処方を主に扱うところでは、調剤薬局で扱う薬剤の量も処方の内容もすいぶんと異なることはお分かりですね。

転職することで、今の職場では学べないいろいろな事を学んだり、より多くの経験を積んでスキルをアップすることができます。

薬局の開局時間が長すぎる、残業が多い、という労働条件への不満が理由で転職を考える人も多いです。

調剤薬局の場合は、特有の人間関係の悩みを抱える人も少なくありません。もっと明るく風通しのよい雰囲気の職場で働きたいと転職を決意することもあるでしょう。

キャリアアップを目指して、管理薬剤師を募集している調剤薬局に転職をする人もいます。

年収も忘れてはいけません。頑張って働くのですから、よいよい年収や時給がもらえる調剤薬局で働きたいというのは当たり前の理由です。

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局への転職でよくある失敗例

 

薬剤師の調剤薬局から調剤薬局への転職ですが、よく考えてから転職しないと失敗することもあるのです。

転職先を探しているうちに別の条件に目がいってしまい、転職に何を求めていたのかがわからなくなることがあるのです。

失敗例をみてみましょう。Hさんは、今の調剤薬局では人間関係はよいのですが、年収が低めなことが不満でした。

たくさんの転職情報を見ているうちに気になる求人を見つけました。土日が休みで18時までという希少な人気求人。

年収は今と変わらないけれど、早くしないと埋まってしまうと応募したところ、無事に採用してもらったのですぐに転職をしました。

そして新しい職場で働きはじめたHさんですが、こんなはずではなかったという思いでいっぱいです。

18時までのはずが毎日残業なので実際の勤務時間は長く、口調が厳しいお局さんもいました。処方は決まったものが多く新薬なども勉強したかったHさんには不満です。

おまけに年収は面接の時の話と違って転職したのに給料はダウン。これなら前の職場の方が仕事にやりがいがあって働きやすかった、と後悔しています。

調剤薬局から調剤薬局への転職に失敗しないようにするには、転職に求めていることを今一度確認することが重要です。

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局への転職に成功するには

薬剤師の調剤薬局から調剤薬局への転職ですが、調剤薬局の経験者であるあなたを募集してる調剤薬局はたくさんあります。

しかし先の例にあったように、年収や職場の人間関係、やりがいや勤務時間など、すべてが満足できる調剤薬局を見つけることは無理と考えたほうが無難です。

あなたが一番重要だと思っている条件を叶える調剤薬局で、かつ、働きやすい薬局を選んで下さいね。

また、調剤薬局から調剤薬局への転職に焦りは禁物です。いくつかの調剤薬局を受け、比較していく中であなたが何を重視するかが見えてくることが多いです。

面接に行くときには、調剤薬局の中も見学させてもらえるようにお願いしましょう。働いている薬剤師や雰囲気を見て感じることは、あなたに合う調剤薬局を見つける助けになりますよ。

考えてみたけど自分が一番求める条件がよくわからない、というあなたは薬剤師転職サイトを利用してみましょう。

一人では転職先選びが難しくても、専任のコンサルタントがあなたに合う調剤薬局探しを手伝ってくれますよ。まだ利用していない人は、登録してみてくださいね。

このページの先頭へ