薬剤師が病院から調剤薬局に転職して年収アップを目指す

薬剤師が病院から調剤薬局に転職するケースはよく見られます。

転職を考える一番の理由は給料が低いこと。やりがいがあっても残業や当直業務をしても年収が少なければ、仕事へのモチベーションも下がります。

病院の薬剤部内の人間関係に悩んで転職を考える人もいるようです。

薬剤師が病院から調剤薬局、仕事内容の違いは

 

薬剤師が病院から調剤薬局に転職。薬剤師の中でも人気の仕事である病院薬剤師ですが、仕事のやりがいに比べて給料が低めということはよく知られています。

病院の薬剤師は処方せんに基づく調剤業務だけでなく、入院患者さんへの業務のほか、チーム医療の一員としての役割で医師や看護師とともに活躍しています。

そんな薬剤師らしい仕事ができる病院の仕事に魅力を感じる人は多いのですが、患者さんの健康に直接関わる責任は重大な上、日直や当直勤務があって休みが少ないなど、精神的にも肉体的にも大変なことも多いのです。

専門性は身についたが給料は安く、心も身体もボロボロ、、、と転職を決意する人は少なくありません。そんな病院薬剤師が経験を活かした仕事が調剤薬局の薬剤師です。

調剤の経験が豊富な病院薬剤師は、調剤薬局に転職してもスムーズに仕事を始めることができるでしょう。

調剤薬局では患者さんと接することも少ないと思うかもしれませんが、在宅医療を行う調剤薬局を選べば、臨床の現場にも立ち会うことがきます。在宅医療ではケアマネージャーや看護師らと協力して業務を行うので、これまで病院でチーム医療を行ったあなたも、経験を活かして活躍することができますね。

一般的に調剤薬局の給料は病院よりも高いです。また、調剤薬局では当直業務などはなく、通常は決まったシフトの時間に働くので、落ち着いて仕事をして年収を上げることができるでしょう。

薬剤師が病院から調剤薬局への転職で気をつけたいこと

 

薬剤師で病院から調剤薬局に転職。病院では専門性の高い仕事を行ってきたあなたが調剤薬局に転職を決意した時は、その調剤薬局選びが大切です。

病院でも急性期型と療養型があるなど、病院によって仕事内容や規模が異なったりしますが、調剤薬局においても同じことが言えます。

調剤薬局に転職すると保険関係やレセコンの入力など、新しく学ばなければならないことはたくさんあります。

しかし、調剤薬局に転職をして年収は上がったけど、病院時代に行っていた注射剤や院内製剤などの仕事もなくてつまらない、といった不満を感じる人も少なからずいます。

極端な話になりますが、大学病院から単科クリニックの処方せんを受けつける門前調剤薬局に転職したら、物足りないと思うかもしれません。

病院から調剤薬局に転職する時は、あなたが働いていた病院と同じ程度か、それよりも大きい病院の処方せんが多い門前調剤薬局を選ぶとよいでしょう。

薬剤師が病院から調剤薬局への転職に成功するには

薬剤師が病院から調剤薬局に転職、どちらも患者さんの健康に貢献する薬剤師の仕事です。しかし、転職に失敗しないためには、病院と調剤薬局のメリット、デメリットを事前によく考えておくことが大切です。

病院には病院の、調剤薬局には調剤薬局の仕事の面白さや難しさがあります。調剤薬局ではたくさんの処方や在宅業務などを経験しながら、薬剤師としてのスキルを磨いていくことができます。

今の仕事よりも、もう少し休みがあれば、年収が上がれば、と思うあなたは、病院で培っていた経験を活かしながら、よりよい労働条件と高収入で働ける調剤薬局を探してみませんか。

転職してみようかなと思うあなたは薬剤師転職サイトを利用してみましょう。

いろいろな調剤薬局の求人を見たり、コンサルサントと相談しているうちに、あなたの理想の転職先が見つかるかもしれませんよ。登録は無料で簡単です。

このページの先頭へ