日本調剤の薬剤師は全国の調剤薬局を牽引

日本調剤の薬剤師は北海道から沖縄まですべての都道府県で、病気の治療や健康維持に欠かせない薬の専門家として医療に携わっています。

日本調剤の薬剤師は全国の約500店舗で活動中

日本調剤の薬剤師はどこに住んでいても充実した医療を受けることができる社会を目指し、全国にある日本調剤の調剤薬局で薬の専門家としての職能を発揮しています。

日本調剤の薬剤師の新卒初任給は25万~31万で、中途採用者の初任給は経験、能力により25万〜50万となっています。中途採用者の初年度年収は450万~650万で、24歳~30歳なら400万~500万程度です。

1980年に設立した日本調剤は「医薬分業」を企業理念にしており、常に日本国民の健康と安心で安全な暮らしをサポートしてきました。

今では日本を代表する企業に成長していますが、患者さんの健康を一番と考える気持ちは変わりません。

薬剤師はいつでもクオリティの高い技術と親切な対応を心がけており、毎日たくさんの患者さんが来局しています。

日本調剤は薬局は患者さんの病気やケガの治療の場だけではなく、さまざまな面からも医療に貢献しようと考えています。

近年は超高齢社会に伴う医療費の増大が深刻な問題として取り上げられています。

日本調剤はこの問題の解決をするために、医療費を抑えながら変わらぬ質の医療を提供ができるジェネリック医薬品の普及に、かつてより力を入れていました。

グループ内にジェネリック医薬品の製造・販売をするメーカーを設立したり、会社全体として薬局でジェネリック医薬品の積極的な使用をすすめたところ、123億円もの医療費を削減することができました。

さらに、最新のIT技術を使った商品も開発しています。「電子版お薬手帳アプリ」は、これまでの紙のお薬手帳の特徴や機能を活かしながら毎日の服薬管理や健康管理が簡単にできるアプリで、病気にならないように自己管理をするシステム作りを行っています。

日本調剤は他よりも「一歩先」の医療の実現を目指し、良質な医療を提供する企業として努力を続けていきます。

日本調剤の薬剤師なら在宅医療に貢献できる

日本調剤の薬剤師は、地域に貢献する「かかりつけ薬局」として重要な機能である「在宅医療」に積極的に取り組んでいます。

薬剤師による在宅医療の実施がなかなか進まない調剤薬局も中にはあるようですが、日本調剤は薬剤師が患者さんの家や施設在宅などに行って薬剤の管理や服薬指導を行う在宅医療の必要性を早くから認識しており、在宅医療への取り組みを全店舗で行ってきました。

2015年には日本調剤で在宅医療を行った実績がある店舗は全営業店舗の95%を超え、次年には全ての店舗での実施を目指しています。

ハード面では無菌調剤に必要な無菌調剤室の設置をすすめています。

ソフト面では全店舗の薬剤師を対象に在宅医療に関する知識・経験を学ぶ在宅医療集合研修を実施しており、選抜者には注射薬無菌調剤実務研修を実施する予定など、在宅医療にしっかりと対応できる薬剤師養成にも力をいれています。

日本調剤は地域での在宅医療のクオリティの向上や、在宅医療における薬剤師の役割の向上にも全国規模で貢献しており、在宅医療で薬剤師としての専門性を活かしてみたいという人におすすめの薬局です。

日本調剤の薬剤師には豊富なキャリアパスがある

日本調剤の薬剤師には優秀な薬剤師を育てるための充実した教育制度があります。

医療人としての高い意識をもち日々進化する薬の知識を吸収できるように、それぞれの経験や年次に合わせたカリキュラムで、どこに住んでいても学べるe-ラーニングや社内勉強会などを行っています。

また、薬剤師は入社したときは通常、店舗勤務としてスタートしますが、その後はそれぞれの希望やスキルによりマネ―ジャー、店舗開発、学術、社内の事業に関わる部門など、さまざまなキャリアパスが用意されており、日本調剤で働いているうちにはこれと思える仕事がきっと見つかるでしょう。

このように日本調剤には薬剤師を育てて成長を支えていく環境があります。

日本調剤で働いてみたいと思ったあなたは薬剤師転職サイトに登録して転職することを検討してみてくださいね。登録は無料で簡単にすることができますよ。

このページの先頭へ