調剤薬局を辞めたい薬剤師は意外に多い

調剤薬局を辞めたい。薬剤師の免許を活かした仕事ができる調剤薬局ですが、調剤薬局を辞めようかと悩んでいる薬剤師は意外に多いものです。

どんな職業でも悩みはつきものですが、仕事についていけない、人間関係がしんどい、など調剤薬局の薬剤師らしい悩みを抱えているようです。

調剤薬局を辞めたい薬剤師に多い理由は

調剤薬局を辞めたい薬剤師。

調剤薬局の薬剤師になりたかったのに、実際に働いてみると患者さんへの服薬指導が上手くできないし、先輩薬剤師からは怒られてばかり、など調剤薬局の業務に悩みを抱えて「辞めたい」と考えている人は多いのです。

調剤薬局の仕事は経験を積みながら覚えていくことが多く、最初のうちは教えてもらいながらの業務になります。

しかしながら、調剤を経験したいと未経験で調剤薬局に転職した薬剤師の中には、他の薬剤師とのレベルの差に焦ってしまい、仕事についていけないから辞めたいと思う人が多いようです。

最近の調剤薬局では、大手のチェーン薬局を中心に未経験者の研修制度がしっかりしているところも多いのですが、研修を受けながらも自分でも仕事を覚える努力はしなければなりません。

仕事に必要なレベルに達するまでには時間もかかりますし、研修制度があるものの、実際のところは十分に研修が受けられないということもあるようです。

疑問があっても勤務中は忙しくて他の薬剤師に質問することもできないし、どうやって勉強していけばいいのかがわからない、とか。

早く仕事についていきたいのに出来ないし、自分には向いていない仕事ではないのかと落ち込んだり。こういう悩みは勉強熱心で真面目な薬剤師ほど思い詰めることが多いようです。

また、調剤薬局の人間関係からストレスがたまり「辞めたい」と思う人もいます。

その他、最初に聞いていたよりも残業が多い、土日に働かなければならなくなった、仕事の内容の割には年収が低いといった、調剤薬局の勤務に関する悩みから辞めたいと考えている人もいます。

調剤薬局を辞めたい薬剤師が辞める前にできること

調剤薬局を辞めたい薬剤師が多いことはわかりましたが、せっかく就職した調剤薬局ですので辞める前にできることはないでしょうか。

仕事についていけないから辞めたいと考えているあなたですが、調剤薬局の薬剤師の仕事を一人でできるようになるには1年はかかるでしょう。規模によっては3年くらいはかかるかもしれません。

調剤薬局の薬剤師は、いろいろな患者さんや処方せんとも出会いながら成長していく仕事なので、焦る必要はありませんよ。少しずつ知識や技術を身に付けていきませんか。

あなたの悩みを打ち明けれそうな先輩薬剤師がいれば、話を聞いてもらうのもよいでしょう。

人間関係の悩みを抱えて辞めたいと考えているあなたも、職場には相談する相手がいませんか。同じような悩みをもつ人がいて話し合うことができれば、上手く仕事が続けれるかもしれませんね。

せっかくはじめた調剤薬局の仕事です。辞めることはいつでも出来ますので、悩みを解消する方法はないか、状況を変えることはできないかを考えてみませんか。

調剤薬局を辞めたい薬剤師が転職するなら

調剤薬局を辞めたい薬剤師。あなたの抱えている悩みがどうしても解消できないなら別の調剤薬局に転職するのも解決策の一つです。

注意して欲しいのは、気に入らないから辞めるを繰り返さないことです。辞める場合は、次に転職するならどのような職場がよいかを十分に考えて、あなたをサポートしてくれるような職場を探してみましょう。

新しい調剤薬局探しは薬剤師転職サイトを使ってみましょう。あなたが辞めたいと考えている理由から、あなたに合う調剤薬局を選んでくれるでしょう。

勤務条件や年収などの条件面を悩んでいる場合も、コンサルタントがあなたの希望を叶えるように交渉してくれますよ。

このページの先頭へ