調剤薬局の薬剤師の昇給は少ないって本当?

調剤薬局の薬剤師の昇給ですが、最初はよくてもだんだんと頭打ちになると言われることもあります。

地域によっても異なりますが、調剤薬局は長く勤めていても毎年どんどんと昇給するとは言えないようで、昇給を待つよりも、給料がよい調剤薬局に転職する方が年収が上がることもあるようです。

調剤薬局の薬剤師の昇給が気になる

 

調剤薬局の薬剤師の昇給は少ないというのは聞いたことがありますか?

調剤薬局は薬剤師の就職先としても人気ですし、転職先として選ぶ人も多いですね。それなのに、昇給が少ないというは本当なのでしょうか。

調剤薬局の給料ですが、住んでいる地域にもよりますが初任給は22万円~30万円程度です。病院や公務員薬剤師、職業によっては企業で働く薬剤師よりも給料がよいこともあります。

働き始めて1年目の年収は400万円を超えることもあり、給料に満足する人も多いでしょう。

その後、少しずつは昇給していくようですが、5年目くらいになると他の職業の薬剤師に年収を追い付かれ、追い越されることが多いのです。

つまり、調剤薬局の昇給の額は他の薬剤師の職業に比べて少ないことが多いのです。

調剤薬局の薬剤師は昇給するチャンスはある

 

調剤薬局の薬剤師の昇給は少ないようですが、毎年の昇給以外に年収が上がる時はあるのでしょうか。

調剤薬局の場合、管理薬剤師になれば管理職手当が貰えます。大手のチェーン薬局では入社3年目くらいの薬剤師が管理薬剤師になるなど、比較的早くに管理職に昇進することが多いです。

管理職手当が貰えるので管理薬剤師になれればぐっと昇給しますね。その後、エリアマネージャー職などの役職がある調剤薬局もあり、マネージャーになればさらに良い手当がもらえます。

しかし、管理薬剤師などの役職にはみんながなれるものではありません。その上のマネージャー職になれるのは、ごく一部の人だけです。

昇給を望んだからといって叶うものではありません。調剤薬局に長く勤めていても、昇給がある機会は少ないと思っておいた方がよいでしょう。

調剤薬局の薬剤師は昇給は転職でも可能

調剤薬局の薬剤師の昇給は少ないと書きましたが、もちろんそうでないところもあります。毎年定期的に昇給があって満足する給料をもらっている調剤薬局薬剤師もいます。

また、給与体系がしっかりとしており、最初は低い給料であっても、定期的な昇給により、将来的にはよい給料が貰えるところもあります。

福利厚生が恵まれていたり、住宅手当や家族手当などが充実していることで、昇給が少なくても総合的な待遇に満足している人もいるでしょう。

しかしながら、長く働いていても調剤薬局の給料が伸びないと悩んでいる薬剤師は多いです。

あなたが給料アップを望んだからといって、会社として給与体系が決まっている場合はどうすることもできませんね。個人薬局の場合は給料の交渉ができる場合もありますが、どうやって交渉すればいいのでしょう。

給料アップを切り出したことによって経営者との関係が悪化してしまったら、などと悩んでしまいますね。

今の調剤薬局に勤めていても管理職にはなれないし、このまま続けても昇給も少ないといった場合は、他の調剤薬局に転職するのも一つの考えです。

というのも調剤薬局の薬剤師の給料は、薬局の母体や規模によってもさまざまです。同じような調剤薬局なのに、年収が100万円くらい異なることだってあるのです。

同じ仕事をするなら、給料がよいところで働きたいですね。調剤薬局の場合は年収を上げる方法として「転職」がよく使われています。

昇給が少なくて悩んでいるあなたには、薬剤師転職サイトに登録することをおすすめします。一人では難しい年収交渉ですが、経験豊富なコンサルタントがあなたに代わって年収を交渉してくれますよ。

このページの先頭へ