調剤薬局の薬剤師の給料はどのくらい?

調剤薬局の薬剤師は給料に満足しているのでしょうか。

薬剤師の求人の中で一番多いのが調剤薬局ですが、同じ仕事でも働き方や働く場所によって貰える給料に幅があり、将来に不安を抱えている薬剤師もいるようです。

今回は最近の調剤薬局の薬剤師の給料事情や給料アップの方法をまとめてみました。

調剤薬局の薬剤師の給料相場は?

調剤薬局の薬剤師の給料ですが、病院よりは高いがドラッグストアよりは低いというのが一般的です。初任給は月に22万円~30万円というのが平均的な相場で、年収は400万円を超えることもあります。

調剤薬局にはいろいろな形態があり、大手調剤薬局チェーンの基本給は個人経営の薬局に比べて抑えられていることが多いですが、残業手当や地域手当、住宅手当などの福利厚生が加わることがあるので、実際に手にする給料はかなりの幅があります。

調剤薬局の薬剤師の給料相場が一概には言えない理由に、地域による差が大きいこともあります。

一般的な職業の場合は都市部の方が地方に比べて給料が高いのですが、調剤薬局の場合は薬剤師が不足している地方の求人のほうがずっと給料が高めです。

都会の調剤薬局で働く30代の薬剤師の平均年収は500万円程度と言われていますが、経験がある薬剤師が地方の過疎地で働くと30代でも年収が700万~800万円となることもあります。

また、同じ都道府県内でも大学病院や総合病院など大病院が多いエリアと少ないエリアでは、驚くほど求人数や給料が異なります。

門前薬局など人気の職場では給料は低い水準のまま昇給がない、一人薬剤師では給料が高めということもあるのです。

調剤薬局の給料の相場はこのように地域性などいろいろな条件を考えることが必要になります。

調剤薬局の薬剤師の給料は頭打ちになりやすい?

調剤薬局の薬剤師の給料は他の職種に比べて初任給は高めのようですが、最近は給料が頭打ちになる傾向が指摘されています。

調剤薬局や調剤併設のドラッグストアの店舗数は今もなお増加しており、薬剤師の求人も豊富にあるのですが、給料の方はあまり上がっていないのが現状です。

特に大都市の周辺では薬剤師が過剰気味となっていて、給料はさほど上げなくても薬剤師が集まるので、年収も昇給も抑えられています。

薬学6年制となって高い学費を払っているのに、調剤薬局に一生勤めるとそれに見合う給料が貰えないと不安に思う人も増えています。

さらに、調剤薬局で給料が上がりにくい理由として、昇進するポストが少ないということが言えるでしょう。管理職のポストは経営者以外には管理薬剤師だけなので、管理薬剤師になれないと給料が上がる可能性も無いということになります。

大手調剤チェーンではエリアをまとめるエリアマネージャー職や本部への昇進も考えられるので、給料が上がる可能性は高めかもしれません。

調剤薬局の薬剤師の給料を上げたい人は 

調剤薬局の薬剤師の給料ですが、転職を考えるあなたはなるべく条件が良い職場を選びたいですよね。

給料だけを重視するならば、先程も出てきたように薬剤師が少ない地方に移住するのが一番ですが、誰でもそういうわけにはいきませんね。

そこでですが、給料を上げる一つの方法として転職があります。調剤薬局は同じ職場に勤めていても管理薬剤師に昇進する以外は給料が上がりにくい傾向です。

転職をして、今よりも良い給料でスタートが出来ると給料は高くなりますね。

当たり前ですが簡単には好条件で採用してはもらえません。今よりも好条件で採用してもらうにはあなたの能力が活かしやすい職場選びとあなたのスキルを最大限にアピールする面接対策がカギになります。

そんな職場はどうやって見つけたらよいのだろう、好条件で採用してもらえるアピールの仕方がわからない、と思ったあなたは薬剤師転職サイトを利用してみませんか。

転職のプロのコンサルタントが、これからの薬剤師過剰時代にも生き残れるように、給料面だけでなく将来性があって長く働きやすい職場を紹介してくれますよ。

このページの先頭へ