クオールの薬剤師は患者さんのクオリティ・オブ・ライフをサポート

クオールの薬剤師は社名の由来でもある「クオリティ・オブ・ライフ」を大切にして患者さんの日々の暮らしを優しくサポートして、地域社会の健康を担う一員として活躍しています。

クオールの薬剤師は地域の医療機関とマンツーマン

クオールの薬剤師は地域のかかりつけの薬局の薬剤師して親しまれています。

クオールはそれぞれの患者さんに合った安全で効果的な治療を提供するためには、処方元医療機関と薬局の連携が不可欠と考えており、医療機関と医薬連携がしっかりと行えるマンツーマン出店を基本として成長しています。

クオールの薬剤師の給料ですが、新卒者の初任給は異動の種類による、<全国コース>29.1万~35.1万<広域コース>28.1万~34.1万<地域限定コース>26.1万~32.1万となっており、中途採用者の初年度年収は経験により異なり、420万円~650万円というのことです。昇給が年1回あり、毎年確実に上がっていきます。

2012年に東証一部に上場したクオール薬局は、業界の中でもトップクラスの全国に約540の調剤薬局を展開しています。

調剤薬局の事業では、コンビニエンスストアに併設した調剤薬局など、異業種との連携を強化しており、クオールグループとして成長を加速し続けています。

コンビニエンスストア併設型調剤薬局とは、人々にとって身近な存在であるローソンと処方せん調剤を行うクオール薬局が融合した店舗です。

店舗では薬局での医療機関処方せんへの対応はもちろん、登録販売者が常駐しているので第2~3類の一般用医薬品を24時間いつでも購入することができます。

また、薬局の営業時間外でもコンビニエンスストアに設置したテレビ電話で薬剤師による健康相談など専門度の高いサービスを24時間提供しており、新しい薬局のかたちを作り上げています。

クオールの薬剤師が行う「6つのホスピタリティ」とは

クオールの薬剤師は「6つのホスピタリティ」を実践しています。

1.クオールは「誰でも安らげる場所を目指し」薬局に入った時からの快適さを工夫しています。

投薬カウンターは患者さんのプライバシーに配慮した設計で、待合室には健康情報をわかりやすく解説した楽しい映像が流れ、居心地の良いゆったりとした空間を提供するなど、安らぎのある薬局になるように工夫されています。

2.クオールは独自に開発した電子薬歴や在庫管理システム、調剤過誤を防止するシステムなどで正確な調剤が可能です。素早く間違いのない調剤の実現で患者さんを無駄に待たせません。

3.クオールは最先端の医療にも対応できる薬剤師の研修制度の充実に力を入れており、患者さんから頼ってもらえる薬剤師の育成に力を入れています。

e-ラーニングシステムのほか、独自の制度として「QOL認定薬剤師制度」があり、高度な医療に対応できる薬剤師を養成しています。

4.クオール薬局は、地域住民が気軽に何でも相談しにくる「かかりつけ薬局」を目標にしています。

処方せん調剤に限らず、患者さんのセルフメディケーションのお手伝いで地域の人々の健康を支えていきます。コンビニエンスストアや家電ショップなど他の業種とも連携して、利便性がよい便利な薬局を目指しています。

5.クオール薬局では、健康相談や服薬指導などに役立つ独自のツールを用意しています。

クオールは薬剤師や管理栄養士の声からオリジナルの商品を開発しており、薬局に来られる時だけでなく、患者さんの普段の生活の充実もサポートします。

6.クオール薬局は薬剤師が患者さんの家に訪問する「在宅医療」の重要性を考え、10年以上前から取り組んできています。

ケアマネージャーや他の医療従事者と連携をしながら「在宅にいる患者さんに薬を届ける」ことで、薬剤師としての職能を果たすとともに患者さんと家族を支えていきます。

クオールの薬剤師として働いてみたいあなたは

クオール薬局の薬剤師はこのように患者さんに満足してもらうホスピタリティを心がけています。患者さんにとっては、医療機関で診察を受けてから調剤薬局で薬を受け取るまでが一連の医療行為ですよね。

ますます成長し続けていくクオールで薬剤師として働けば、薬剤師として大きく成長できそうです。少しでも興味を持ったあなたは、薬剤師転職サイトに登録して採用情報などを調べてみてくださいね。

このページの先頭へ