調剤薬局の薬剤師のスキルを身に付けるには

調剤薬局の薬剤師のスキルといえば何でしょうか。医薬品の知識の豊富さだけではありませんね。仕事を正確にこなすスキルや、患者さんや薬局内の人とのコミュニケーションスキルも含まれます。

多くの薬を扱うことによって身に付く、実践でしか学べないスキルもあります。

調剤薬局の薬剤師のスキルとは

調剤薬局の薬剤師のスキルが高い人とはどんな人でしょう。まずは、どんな人が調剤薬局の薬剤師として歓迎されるか考えてみましょう。

患者さんへの質問に何でも答えられるような、薬学や健康に関する専門的な知識がある人は歓迎されます。

処方せんをみて疑義を発見できたり、患者さんの話から相互作用や副作用などが起こる可能性を判断できるスキルは身に付けておきたいですね。

また、コミュニケーション能力が高い人も歓迎されます。患者さんの話に耳を傾けたり、明るく接したり、どんな患者さんに対しても上手に接することができる人は重宝されます。

調剤薬局で一緒に働く薬剤師や事務などの他のスタッフとも協力しながら働けるスキルも重要です。

正確に早く仕事をこなせるスキルも求められます。正確に調剤をすることは基本ですが、ミスをしてはいけないと時間をかけすぎて調剤を行うと患者さんを長く待たすことになります。

複数の処方せんを並行しながら調剤していくこともよくあります。マニュアル通りではなく、今は何を優先して調剤していくかも考えながらテンポよく仕事をこなせるスキルも大切です。

学ぶ意欲がある人も求められています。ただ日々の仕事をこなすだけでなく、新しい医薬品などの知識など、積極的に知識を身に付けようとする人はスキルの向上も早いです。

調剤薬局の管理薬剤師になる人は、店舗の管理者としての管理能力も必要になってきます。意見交換を交えながら従業員をまとめていくなど、上の立場として店舗を管理していくにはスキルが必要です。

調剤薬局の薬剤師のスキルが上げやすい職場とは

調剤薬局の薬剤師のスキルですが、調剤薬局で働く前に先に書いたようなスキルがなくても心配はいりません。スキルの多くは実践を積みながら身に付けることができるからです。

というより、調剤薬局の薬剤師のスキルは実践でしか学べないものが多いのです。

薬学の知識や患者さんとのコミュニケーション能力、調剤の技術などは、多くの薬を扱うことによって身に付きます。できるだけ多くの処方せんにふれることがスキルアップへの近道になります。

処方せんも内容にもよります。より多くの診療科目の処方せんを扱う調剤薬局では取り扱う医薬品の種類も多く、学ぶ知識も多いでしょう。

一日の処方せん枚数が多い調剤薬局の方がより多くの実践を積むことができ、調剤スキルも上がりやすいです。総合病院など大病院の門前薬局で働くとより高度な処方内容に触れることになるので、スキル向上には向いています。

最近は薬剤師教育に力を入れている調剤薬局が増えています。定期的に社内や社外の研修を取り入れているところでは、薬剤師としてのスキルを総合的に身に付けられる制度が整っています。

また、地域密着型の調剤薬局では地域の人々の健康や薬に関する相談を受けることが多いので、患者さんとのコミュニケーションスキルの向上が図れるでしょう。

調剤薬局の薬剤師のスキルを上げたい人は

調剤薬局の薬剤師のスキルですが、調剤薬局には実にいろいろな種類があります。調剤薬局によって求められるスキルも違いますし、身に付きやすいスキルが違います。

あなたがどのような薬剤師として活躍していきたいかを考え、伸ばしたいスキルによって調剤薬局を選ぶとよいでしょう。

薬剤師転職サイトに登録すると、専任のコンサルタントがあなたの転職を丁寧にサポートしてくれます。あなたのスキルに合わせた調剤薬局選びについての相談にのってくれますよ。

このページの先頭へ