薬剤師のドラッグストアから調剤薬局への転職を成功させよう。

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局に転職。薬剤師の免許を取得したからには、調剤の仕事に就いてみたいとドラッグストアから調剤薬局に転職する人も多いです。

土日が休めない、シフトが不規則など、ドラッグストアの仕事に不満を抱えている人も調剤薬局に転職してみませんか。

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局に転職はできる?

 

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局に転職する時は、調剤の仕事を新しく覚えなければなりません。

調剤薬局に転職してみたいんだけど、未経験の職種だから不安、、、と思うかもしれませんが、調剤薬局ではドラッグストアでの経験を十分に活かすことができるのです。

確かに、調剤薬局で働くとなると調剤業務に慣れなければなりません。最近はIT化した調剤薬局が増えてきており、調剤機器や電子薬歴といったものの使い方も学ぶ必要があります。

たくさんある医薬品の名前を覚えるのも大変ですし、調剤業務を一通りできるまでには時間もかかりますが、不安になるよりも、むしろあなたの強みを考えてみましょう。

ドラッグストアではお客さんの相談にのりながら商品を選んで販売しますが、これは調剤薬局で働いている薬剤師にはないスキルです。

お客さんとのコミュニケーションスキルを磨いたあなたは、調剤薬局での患者さん対応もスムーズに行えるでしょう。

経験がなくても、未経験者を対象にした研修制度がある調剤薬局では一から仕事を教えてくれるので安心です。

ドラッグストアで幅広い仕事を経験し、いろいろな商品の知識があるあなたは、調剤薬局への転職に不安に感じる必要はありませんよ。

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局への転職で気を付けたいこと

 

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局に転職。どちらも薬剤師の仕事ではあるのですが、異業種なので転職する時にはしっかりとした転職理由を用意しましょう。

ドラッグストアと調剤薬局の違いは、当たり前ですが調剤業務があるかどうかということ。

ドラッグストアでも調剤併設店で調剤経験がある人もいるでしょうが、併設しているところと調剤薬局のみの薬局では、調剤の内容や雰囲気も異なるものです。

調剤薬局で調剤だけに集中したい!という思いをしっかりと伝えるとよいでしょう。

また、ドラッグストアは年中無休、夜も遅くまで開店してることがほとんどです。友人や家族と休みが合わず、調剤薬局に転職したいといった人もいるでしょう。

その場合でも正直すぎる理由ではなく、調剤薬局で働くことであなたの仕事とプライベートのバランスがとれるといったポジティブな理由にまとめましょう。

ドラッグストアでOTC薬や健康食品や化粧品などの知識を身に付けたが、調剤を学ぶことによってオールマイティーな薬剤師になりたい、といった理由はどうでしょうか。

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局への転職に成功するには

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局に転職したときに、気になるのは年収です。勤務先にもよりますが、ドラッグストアの年収は薬剤師の中でも比較的高く、店長やエリアマネージャーのような役職の人は高収入です。

調剤薬局の年収は一般的にはドラッグストアの平均よりも下回ります。

年収がアップする転職を成功と考える人もいますが、ドラッグストアから調剤薬局への転職の場合は、年収アップはあまり期待をしないほうがいいかもしれません。

最初から年収アップを狙うよりは、未経験から調剤業務をしっかり学べる方針の会社を選んで経験を積み、その経験を活かして別の調剤薬局に高収入で転職する方が将来的に年収アップにつながる可能性があります。

ドラッグストアから調剤薬局に転職しようかなと考えている人には、たくさんの求人情報や参考になる転職情報が満載の薬剤師転職サイトに登録することをおすすめします。

年収もコンサルタントが応募先の調剤薬局に交渉してくれるので、今のドラッグストアと変わらない年収は無理にしても、なるべく下がらないようにしてくれますよ。

このページの先頭へ