調剤薬局の薬剤師の求人はたくさんありますが・・・

調剤薬局の薬剤師の求人は薬剤師の職業の中でも一番数が多いのですが、土日休み、残業なし、高収入といった好条件の調剤薬局の求人は少ないです。

さまざまな条件の調剤薬局がありますが、その中から一つの調剤薬局を選ぶにはどうしたらよいでしょうか。ここでは調剤薬局の求人の探し方を教えましょう。 

調剤薬局の薬剤師の求人の特徴は

調剤薬局の薬剤師の求人は薬剤師の中でも人気がある就職先ですね。

調剤薬局の薬剤師は、調剤業務や患者さんへの服薬指導をすることが主な仕事ですが、薬剤師の免許を取得したからには調剤薬局で調剤の経験をしておきたいと、転職先として考える人が多いです。

製薬会社や病院薬剤師などでは未経験からのチャレンジが難しいのですが、調剤薬局の求人は未経験でも募集しやすいことが特徴です。

研修制度などが用意されているので、ブランクが長い薬剤師でも応募がしやすく、また、未経験でも採用されやすいのです。

調剤薬局の求人は、これから新しいことに挑戦してみたい、といったあなたの希望をかなえやすいともいえます。

また、正社員だけでなく、パート・アルバイトの求人もたくさんみられます。

週に3回午前中のみといった働き方ができやすいので、子育てが一段落して仕事に復帰したいと考えているママ薬剤師にとっても理想の求人がみつけやすくなっています。

さらに、調剤薬局の求人の特徴としてさまざまな形態の調剤薬局の求人があることがあげられますが、これについては次の項目で詳しく説明しますね。

調剤薬局の薬剤師の求人にはこんなに種類がある

調剤薬局の薬剤師の求人は、薬剤師としての職能を活かせる仕事なのですが、どの調剤薬局を選んでも同じというわけではありません。

まず大きく、大手企業で全国展開を行うような調剤薬局と個人が経営する調剤薬局という規模で分けられます。

大手では会社の福利厚生や社員の教育制度などが整っていますが、給料は低めなこともあります。いろいろな店舗で薬剤師として必要な経験を積めるメリットがある反面、異動やヘルプが多いといった声も聞かれます。

個人薬局は経営に不安を感じたり、薬剤師が学べる機会が少ないこともありますが、業務にマニュアルがなく自分の意見が通しやすい、アットホームな雰囲気で働けることが多いようです。

調剤薬局がある立地やどういった診療科の処方箋と一日何枚くらい扱うのかによって業務内容が異なります。

大学病院や総合病院のような大きな病院の門前にある調剤薬局と、町の診療所の近くにあるマンツーマン調剤薬局といろいろな医療機関の処方箋を受け付ける面分業調剤薬局などでは、得られる知識や経験も違います。

勤務条件については、土日が休みの調剤薬局の求人と日曜日や夜遅くまで開局している調剤薬局の求人では、あなたのワーク・アンド・バランスに大きく関わってきますね。

ただし、土日休みで17時までといった求人の方が人気ですが、給料は抑えられています。

最近は在宅医療に取り組む調剤薬局も増えてきています。患者さんの臨床に関わりたいという人なら、在宅に取り組んでいるかどうかも求人選びのポイントになってくるでしょう。

調剤薬局の薬剤師の求人の中から絞る方法

調剤薬局の薬剤師の求人には、まだ全部書ききれなかったくらいにたくさんの種類があります。これだけ種類があると、どの調剤薬局に応募すればいいのか迷う人がほとんどですよね。

働いてみたい調剤薬局はどのような形態なのかを考えるといいのですが、初めて調剤薬局に転職する人はもちろん、他の調剤薬局から別の調剤薬局に転職したいあなたも、考えれば考えるほど自分の理想の調剤薬局がわからなくなるのです。

このような時は薬剤師転職サイトに登録して、専任のコンサルタントに相談するのはいかがでしょうか。あなたの望むすべての条件を満たす求人はなかったとしても、あなたが納得できる条件の調剤薬局を探す手伝いをしてくれますよ。

どの調剤薬局を選ぶかによって、あなたの人生が変わるといっても過言ではありません。無料で登録できますので、気軽に相談してみてくださいね。

このページの先頭へ