調剤薬局の薬剤師+α資格とは

調剤薬局の薬剤師の資格。仕事をするには通常の薬剤師の資格があればOKですが、薬剤師の資格にプラスして研修や試験などを受け認定薬剤師資格や専門薬剤師資格を取得する人が増えてきています。

これらの資格を取得すると、学んだ知識を仕事に活かせるだけでなく、最新の知識や技術がある薬剤師という証明になりますよ。

調剤薬局の薬剤師の資格とは

調剤薬局の薬剤師の資格は薬剤師資格があればよいのですが、それ以外の資格取得を目指す人が増えています。

というのも、薬剤師に求められる業務はより高度化、専門化しており、それに応えるスキルを身に付けたいと考える薬剤師が多いからでしょう。

医薬品の世界は日々の進化が目まぐるしく、新しい医薬品はどんどん発売されています。調剤薬局で働く薬剤師がしっかりと業務を行うには、常に最新の知識を学ぶ機会が必要になってきています。

近年は、薬剤師が研修を受ける場がいろいろと設けられています。その研修などを経て、知識や技術があると認められた薬剤師は、認定薬剤師や専門薬剤師といった資格を取得できます。

資格には実にさまざまな種類があり、取得の難易度も一定の研修に参加するものや、学術発表や試験が義務付けられ、毎年の合格者がわずかな超難関の専門薬剤師資格もあります。

調剤薬局の薬剤師なら、まずは何らかの分野の認定薬剤師を目指すとよいでしょう。

あなたが働く調剤薬局でよく扱う処方科目や、興味のある専門分野はありますか?

資格を取得すると学んだ知識を活かせるだけでなく、あなたへの評価も上がり、キャリアアップにつながるかもしれませんよ。

調剤薬局の薬剤師の資格のおすすめは?

調剤薬局の薬剤師の資格でおすすめは何でしょうか。取得にかかる時間や費用もさまざまですが、多くの調剤薬局の薬剤師が目指している資格を簡単に紹介しますね。

・研修認定薬剤師

認定薬剤師の中でも取得している人が一番多い資格です。認定の対象となる研修を期間内に受け、既定の単位を申請して認められると取得できます。

研修で学んだ知識を活かしやすく、日々研鑽している薬剤師という信頼性も生まれます。

・在宅療養支援認定薬剤師

近年は在宅医療における薬剤師のニーズが高まっています。この資格があれば在宅チーム内の信頼も上がり、地域医療の担い手としてより活躍できるでしょう。

・漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬の効能が見直されており、処方する医師も増加しています。漢方薬を扱う調剤薬局で働いている人やこれから働いてみたい人におすすめです。

・プライマリ・ケア認定薬剤師

これからの医療はプライマリ・ケアが重要な役割を担っていくと考えられます。取得すると患者さんにより専門的な相談や支援ができます。今後の「かかりつけ薬局」の薬剤師に求められていく資格といえるでしょう。

この他にもたくさんの種類の資格があります。どの資格をとっても薬剤師資格にプラスした資格として大きなメリットになりますが、何が一番あなたに向いているかを調べてみてくださいね。

調剤薬局の薬剤師で資格取得を目指したい人 

調剤薬局の薬剤師の資格を簡単に紹介しましたが、資格取得には研修を受けたり勉強する時間が必要です。研修を受けたくてもそれを理解してもらえない職場では、出席ができません。

それに、資格を取得できても専門性が活かしにくい職場なら、モチベーションの低下につながりますね。

このような時は認定薬剤師取得支援制度がある職場や、専門性が活かしやすい職場に転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

薬局の中には、薬剤師が資格取得ができる体制を整えるなど、薬剤師のスキルアップを支援するところや、資格取得者に特別手当を支給することもありますよ。

今の職場では資格を取得しにくい、もっと専門分野を深めてみたい、という人は、薬剤師転職サイトに登録して資格取得に適した環境の職場を探すといいでしょう。

このページの先頭へ