調剤薬局の薬剤師の人数は多い方がいい?

調剤薬局の薬剤師の人数ですが、一日平均取扱い処方せん数40枚に対し1人と法律で定められており、調剤を滞りなく行える人数が必要です。一日に何百枚と処方箋を扱う調剤薬局ではたくさんの薬剤師が勤務していますが、一日に40枚以下の処方箋のところでは薬局に薬剤師が一人のこともあります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の仕事内容は?

調剤薬局の薬剤師の仕事は単に調剤して患者さんに渡し、薬歴を管理するだけではありません。最近は最先端のITシステムや調剤機器を使用したり、在宅医療に力をいれる調剤薬局もあり、どのような薬局に転職するかによって仕事内容も異なります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師+α資格とは

調剤薬局の薬剤師の資格。仕事をするには通常の薬剤師の資格があればOKですが、薬剤師の資格にプラスして研修や試験などを受け認定薬剤師資格や専門薬剤師資格を取得する人が増えてきています。これらの資格を取得すると、学んだ知識を仕事に活かせるだけでなく、最新の知識や技術がある薬剤師という証明になりますよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の役割は増加中

調剤薬局の薬剤師の役割は処方せんに基づいた調剤を行い患者さんに渡すことですが、ただ薬を渡すだけでは役割を十分に果たしたとは言えません。患者さんが他に飲んでいる薬はないか、副作用やアレルギー歴はないかなどをチェックして、安全で安心して服用してもらうことが必要です。また、処方した薬以外の質問に対応することも役割です。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師のやりがいって何だろう

調剤薬局の薬剤師がやりがいを感じる時はどんな時でしょう。服薬指導を通して直接患者さんの健康に関われる時、薬剤師として学んできた知識やスキルを活かた時、薬以外のアドバイスも求められた時、など、やりがいを感じる瞬間はたくさんある仕事です。しかし、やりがいを感じ方は人それぞれであり、あなたにとってやりがいは何かを分析しておくことが大切です。
続きを読む

調剤薬局が24時間対応になったら働き方はどう変わる?

調剤薬局の24時間対応ですが、2014年の診療報酬改定より24時間調剤などを行う体制がなければ基準調剤加算を算定することができなくなりました。24時間対応する薬局は、処方せんを受付する時に患者さんには夜間にも連絡がとれる電話番号などを知らせるなどの対応を行っています。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の将来性はどうなる?

調剤薬局の薬剤師の将来性。これからの調剤薬局はどうなっていくのでしょうか。調剤薬局の薬剤師として生き残っていくためにはあなたのスキルの向上や、将来性のある調剤薬局選びが欠かせなくなりますよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師が不要ってどういうこと?

調剤薬局の薬剤師は不要という、わたしたち薬剤師にとっては不快な意見を聞いたことはありませんか。調剤薬局にきた患者さんに、「さっき医者に説明してきたのに、薬局でまた同じようなことを話すのは嫌だ」などといわれた経験がある人も少なくないのではないでしょうか。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の服薬指導のポイントとは

調剤薬局の薬剤師の服薬指導は、薬局での仕事の中でも重要です。服薬指導は処方せんを持ってきた患者さんに対して薬の飲み方などを説明するわけですが、患者さんに応じた適切で分かりやすい服薬指導ができる薬剤師になりましょう。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師のレベルはさまざま

調剤薬局の薬剤師のレベルはさまざまといって良いでしょう。患者さんによりよい服薬指導ができるように、医薬品の知識を向上させようと日々勉強を行う薬剤師と、処方せんをみて調剤をして、ただ渡すだけを繰り返す薬剤師では、レベルが違って当然です。個々の薬剤師のレベルだけでなく、薬局全体のレベルもさまざまなので、どのレベルの調剤薬局で働くかは重要なポイントです。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師のスキルを身に付けるには

調剤薬局の薬剤師のスキルといえば何でしょうか。医薬品の知識の豊富さだけではありませんね。仕事を正確にこなすスキルや、患者さんや薬局内の人とのコミュニケーションスキルも含まれます。多くの薬を扱うことによって身に付く、実践でしか学べないスキルもあります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師は人間関係に悩む人が多いって本当?

調剤薬局の薬剤師は人間関係に悩みを抱える人が多いようです。みんなが仲良く雰囲気がよい調剤薬局もありますが、女性が多い調剤薬局では派閥やグループ化するなど、女性特有の人間関係も生まれがちです。人間関係の問題で仕事を辞めようかと悩む薬剤師は少なくありません。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師が知識を学ぶには

調剤薬局の薬剤師が知識を学ぶことは、とても大切なことです。調剤薬局で働いていると、患者さんから薬などに関する相談を受けることが多くあるでしょう。その時にはその患者さんに応じた適切で正しい薬の知識などを伝えなければならないからです。医薬品の知識だけでなく、薬に関わる法律などの知識も必要です。医療保険についての知識も必要になるかもしれません。健康食品やサプリメントなど、健康に関わる知識もあったほうがいいでしょう。一度にたくさんの知識は身に付けられませんので少しずつ学んでいきましょう。
続きを読む

調剤薬局で残業する薬剤師は少ないの?

調剤薬局で残業する薬剤師が「ゼロ」というところはないでしょう。調剤薬局には患者さんが処方せんを持ってきますが、風邪が流行するシーズンは患者さんの診察が終わるのも遅れがちで、調剤薬局の閉局時間を過ぎてから患者さんが来て、残業となることもあるのです。
続きを読む

このページの先頭へ