調剤薬局の薬剤師のやりがいって何だろう

調剤薬局の薬剤師がやりがいを感じる時はどんな時でしょう。

服薬指導を通して直接患者さんの健康に関われる時、薬剤師として学んできた知識やスキルを活かた時、薬以外のアドバイスも求められた時、など、やりがいを感じる瞬間はたくさんある仕事です。

しかし、やりがいを感じ方は人それぞれであり、あなたにとってやりがいは何かを分析しておくことが大切です。

調剤薬局の薬剤師のやりがいとは

 

調剤薬局の薬剤師のやりがいとは何でしょうか。調剤薬局の薬剤師は患者さんが持ってきた処方箋に基づいて調剤を行うのが主な仕事です。

患者さんに調剤した薬を渡すわけですが、他に飲んでいる薬はないか、副作用などはないか、などとチェックする中でさまざまなやりがいを感じることができるのです。

服薬指導ではあなたの持っている知識をフルに活かしながら対応しますね。薬剤師は勉強することがたくさんありますが、自分の学んだことが患者さんの健康に役立つのですから、やりがいがある仕事です。

自分のスキルが上がったと実感することもやりがいにつながり、患者さんのためにも勉強しようという気持ちにもなるでしょう。

在宅医療に関わる調剤薬局なら、患者さんや家族からより近い存在になり、感謝の気持ちを伝えられたり、薬以外の相談を受けることもよくあるでしょう。患者さんと信頼関係が生まれた時はやりがい感が高まります。

あなたが調剤した薬を服用した患者さんが元気になって遊びにくることはありませんか。

調剤薬局の薬剤師は、病院薬剤師よりもドラッグストアの薬剤師よりも、地域の患者さんと関わることが多く、やりがいを身近に感じることができるのです。

調剤薬局の薬剤師がやりがいを感じられない時は

 

調剤薬局の薬剤師のやりがいですが、いつでもやりがいを感じれるほど簡単な仕事ではありません。調剤薬局に限らずどんな仕事でもそうですが、嫌な気持ちになってやりがいを感じないこともあるのです。

例えば、調剤に追われて患者さんと十分に向き合う時間が取れない時、患者さんとのコミュニケーションが上手くいかない時、処方する医師との関係がうまくいかない時など、調剤薬局の薬剤師としての限界を感じる日もあるかもしれません。

残業が続いたり、仕事と家庭とのバランスがうまく取れない時もやりがいを感じにくくなります。日々の業務からやりがいを感じられない日々が続いてしまうと、仕事へのモチベーションにも関わってしまいますね。

調剤薬局の薬剤師のやりがい、あなたの場合は?

調剤薬局の薬剤師のやりがいですが、そもそもやりがいとは何でしょうか。

仕事をするのは大変だったり、辛いこともたくさんあるでしょう。それでも、この仕事をやっていて良かった、と思えることがやりがいかと思います。

では「やりがいありの調剤薬局!」そんな求人があれば応募してみたくないですか?

しかし、やりがいの感じ方は人それぞれです。求人票にいくら「やりがいあり」と書いてあっても、あたなは「やりがいを感じない」こともあるのです。だって、その言葉からは何に対するやりがいかがわかりませんね。

やりがいがある職場で働きたいというあなたは、自分にとってやりがいは何かを考えておくことが大切です。

経験やスキルを活かせる薬局にやりがいを感じる

管理薬剤師など上の立場になることにやりがいを感じる

地域のかかりつけ薬局など、患者さんとの距離がより近い職場にやりがいを感じる

エリアマネージャーなど、キャリアアップにやりがいを感じる

認定薬剤師などスキルアップを目指すことにやりがいを感じる

などなど、あなた自身がやりがいをより感じる職場を選ぶことができれば、たまにやりがいを感じられない日があっても、充実して働けるのではないでしょうか。

やりがいのある転職先選びには薬剤師転職サイトを利用するのがおすすめです。専任のコンサルタントが相談にのってくれますので、あなたにとってのやりがいを感じる調剤薬局に出会いやすくなりますよ。

このページの先頭へ