ファーマライズHDの薬剤師はライフスタイルに合わせた働き方ができる

ファーマライズHDの薬剤師は「真面目」です。

堅苦しいというのではなく、医療従事者として仕事の責任を果たしたいという思いが強く、どうすれば調剤ミスを無くすことができるかや新たな取り組みについて考えるなど、活発な意見交換を行うなど、熱意や責任感をもって働く人が多いのです。

ファーマライズHDの薬剤師は「座りカウンター」で投薬

ファーマライズHDの薬剤師は全国の250店舗で活躍しています。

ファーマライズHDの社名の由来は、薬局を意味する「ファーマシー」と、日の出を意味する「サンライズ」の「ライズ」を合わせたもの。会社のロゴは満ちゆく月と羽ばたく決意が表れています。

ファーマライズHDの薬剤師の新卒者の初任給は26万円~36万円(修士卒、幅は地域差)です。中途採用者の初任給は23万円~45万円で初年度年収は360万円〜600万円、30歳では450万円~500万円程度です。パートの時給は1,800円〜2,500円です。

ファーマライズHDの特徴として、多くの店舗で患者さんも薬剤師も椅子にすわる「座りカウンター」スタイルを採用していることがあります。

カウンターに座ることによって落ち着いて質問をしたり、健康相談ができるようになり、患者さんとの交流が深まります。

患者さんはもちろんですが、投薬する薬剤師にとっても体への負担が少ないので、コミュニケーションを積極的に行えるようになります。

この落ち着いた風景を見て「患者さんと信頼関係を築いていけそう」と転職先を決めた薬剤師も少なくありません。

またファーマライズHDでは、患者さんのことを一番理解しているのは現場で働く人間、という考えから、店舗づくりは各薬局にいる薬剤師などにほぼ任されています。

薬剤師目線による、こういう薬局を作ってみたいという希望が通りそうな会社のようですね。

2年に1度は学術大会が開催されて約800人の社員が参加するなど、社内全体の交流の場も設けられており、風通しがよい雰囲気が感じられます。

また、自分の希望の勤務地を全国の店舗から選べることもファーマライズHDの魅力です。それぞれのライフスタイルに合わせた働き方が実現しやすいので、仕事にも熱意を持つことができますね。

ファーマライズHDの薬剤師がジェネリック医薬品を推奨するために

ファーマライズHDの薬剤師は会社が選定したジェネリック医薬品を自信をもって患者さんにすすめることができます。

先発医薬品よりも安価なジェネリック医薬品の使用が推進されていますが、品質への漠然とした不安を感じる患者さんもいますし、すすめる薬剤師にとっても不安がありますね。

ファーマライズHDは「ファーマライズ医薬情報研究所」という独自の研究所を設立しており、ジェネリック医薬品が一般的になる前から、ジェネリックの品質を正確に見極める必要性を認識して、溶出試験などの検証を独自で行うなど先進的な取り組みをしてきました。

この研究所で「安全と効果の検証」を行い、信頼性のあるジェネリック医薬品と判断したものを「推奨ジェネリック医薬品リスト」にして調剤薬局に配布しています。

薬剤師はリストにあるジェネリック医薬品を安心してすすめることができるのです。

ファーマライズHDは信頼のあるジェネリック医薬品の使用の推進により、日本の医療費削減にも、患者さんの経済的なメリットにも貢献しています。

ファーマライズHDは薬剤師が働きやすい薬局

ファーマライズHDは薬剤師がキャリアを積みながら安心して働ける職場環境づくりに力を入れています。

たとえば教育研修は内定者の薬剤師国家試験対策にも注力しています。入社後はきめ細かな研修制度でキャリアアップを応援し、社内学会・外部学会への参加や、認定薬剤師などの資格取得も支援しています。

福利厚生も充実しています。実際に育短・育休を取得している人がたくさんいて、女性が長く働くことができる環境が整っています。

近年の高齢化社会に対応するための在宅医療にも力を入れており、これまでの実績は8年以上です。すでに店舗の4割で在宅医療を実施していますが、薬剤師の新しい活躍の場としていっそうの取り組みを行っています。

薬剤師が働きやすそうなファーマライズHDですが、もっと詳しい情報が知りたい方は薬剤師転職サイトに登録して、専任のコンサルタントに話を聞いてみるとよいでしょう。

このページの先頭へ