調剤薬局の薬剤師の年収は上がらないの?

調剤薬局の薬剤師の年収の平均は地域により異なることが知られています。薬剤師の人数が少ないエリアでは高く、薬剤師が多い大都市周辺の年収は横ばいになっていることが特徴です。

しかし、経験やスキルを活かして上手く転職をすると年収を上げることは可能です。

調剤薬局の薬剤師の年収相場はどのくらい?

調剤薬局の薬剤師の年収ですが、初任給は高めでも継続して働いても年収は上がりにくい職場といわれています。

調剤薬局は薬剤師らしい仕事ができるので転職先としても人気がありますが、ただ漠然と働いているだけでは年収は上がりません。

一般的な都市の調剤薬局の年収は400万円~650万円と言われています。

スタート時の年収こそ他の職業と比べて高めですが、調剤薬局では毎年の昇給が少なめでありで、またボーナスも企業のように高くないので、年収の伸びはよくありません。

一方、薬剤師が不足している地方の調剤薬局の薬剤師の求人の年収は高いことが知られています。

調剤経験が豊富な薬剤師が地方に転職すると、年収は700万円~800万円となり、その上に住宅手当など各種手当が付くことが多いです。

その後の年収が上がり続けるかどうかは職場によりますが、都市部に比べるとかなりの高年収ですね。

薬剤師の専門性を活かせ、薬剤師らしい仕事ができる調剤薬局ですが、都市部では年収だけを見ると特に高いとは言えないようです。

調剤薬局の薬剤師の年収が上がる時は?

調剤薬局の薬剤師の年収は思ったほど高くないと思ったでしょうか。その調剤薬局の薬剤師の年収が一番上がるのは、薬局の管理職である管理薬剤師になる時です。

管理薬剤師手当は年間30万円~50万円が多いので、年収が一気に上がりますね。

しかし管理職への昇進は、今いる管理薬剤師が辞めない限りは無理です。誰でも管理職になれるわけではなく、むしろなれない人の方が多いでしょう。

大きな規模の調剤薬局ではエリアマネージャーなどのポストもありますが、こちらもなかなか空きがまわってきません。

毎年の昇給が少なく、管理職への昇進が叶いそうにない調剤薬局では、この先ずっと働き続けても年収が大幅に上がることはない、と思っていたほうがよさそうです。

調剤薬局の薬剤師の年収を上げてみよう

調剤薬局の薬剤師の年収ですが、調剤薬局で働いているあなたは今の年収に満足していますか?

今の薬局がプライベートと両立しやすい勤務時間で働きやすい、とか、仕事内容や人間関係に満足している、なら、多少年収に不満があっても総合的に判断すれば年収は妥協できるのではないかと思います。

しかし、職場には何らかの不満があるし年収も上がりそうもない時は、職場を変えてみるのも一つの方法です。

というのも、調剤薬局の転職の場合、採用される時の年収が職場によってかなり差があるからです。

どこの薬局でも経験やスキルをもった薬剤師を歓迎しています。ある程度の経験があれば経験者として採用されますので、あなたを高く評価してもらえる職場を見つけると今よりも高い年収で転職できるかもしれません。

調剤薬局の経験がないあなたも、最初の年収がこれからの年収のカギを握ります。

未経験でも病院やドラッグストア、企業などの経験を調剤薬局で活かせるようにアピールすると、良い条件で転職ができるかもしれません。

年収のために転職なんて、と思うかもしれませんが、好条件で採用してもらって年収を上げている薬剤師は少なくないですよ。

もちろん、転職先選びは年収だけで決めると後悔してしまいます。仕事のやりがいの他、福利厚生などの条件も合わせて満足できる職場を選んで下さい。

年収がよい転職先は無料で利用できる薬剤師転職サイトから探せます。年収アップとキャリアアップを兼ねて管理薬剤師に応募するのもよいですね。

年収が高い地方への転職を考えている人も相談にのってくれますよ。

このページの先頭へ