調剤薬局の薬剤師の服薬指導のポイントとは

調剤薬局の薬剤師の服薬指導は、薬局での仕事の中でも重要です。

服薬指導は処方せんを持ってきた患者さんに対して薬の飲み方などを説明するわけですが、患者さんに応じた適切で分かりやすい服薬指導ができる薬剤師になりましょう。

調剤薬局の薬剤師は服薬指導を行う

調剤薬局の薬剤師の服薬指導ですが、薬剤師は医師が処方した処方せんに基づいて薬の調剤を行い、患者さんに渡すときには服薬指導を行います。

薬は決められた通りに正しく飲まないと効果が出なかったり副作用が出やすくなるものもあるので、患者さんには自分が飲む薬の飲み方をきちんと理解してもらうことが大切なのです。

薬には実に様々な種類がありますね。患者さんにいろいろと指導するのは苦手という人もいるかもしれませんが、患者さんそれぞれが服用する薬の働きや副作用の可能性などをきちんと伝えなければなりません。

どのような薬の服薬指導を行うかは、あなたが働く調剤薬局の立地によります。

近くの医療機関にある診療科の薬の服薬指導がどうしても多くなりますので、まずはそれらの診療科に対する理解を深め、的確な服薬指導ができる薬剤師を目指しましょう。

大学病院などの総合病院の門前にある調剤薬局の場合は扱う薬がたくさんあり、多くの薬に対して知識を深めていく必要があります。総合病院で出される薬は効果が高いけど、副作用に注意が必要があったり、飲み方が難しい薬が多いです。

一度に複数の診療を受けた患者さんが複数の処方せんを持ち込むことも少なくなく、処方された薬には同じような薬効の薬はないか、相互作用や副作用がないかなどの服薬指導が必要です。

地域のクリニックなどの近くにある調剤薬局では患者さんと顔なじみになることも多いです。

患者さんは他の医療機関にも通っていて別の薬を飲んでいる場合は、お薬手帳を活用しながら他の薬との飲み合わせを調べたり、健康相談などを受けながらの服薬指導になるでしょう。

調剤薬局の薬剤師の服薬指導のポイントは理解してもらうこと

調剤薬局の薬剤師の服薬指導は、患者さんに自分の病気のことを知ってもらい、薬を飲むことについて理解してもらうことが大切です。

医師が処方した薬には間違いがないかなども確認しながら服薬指導を行い、薬の作用だけでなく副作用が起こる可能性についても詳しく伝えましょう。この薬剤師の服薬指導のおかげで副作用の早期発見ができることもあるのです。

患者さんの中には調剤薬局で薬剤師の服薬指導を聞くのはめんどくさいと思っている人もいます。しかし、薬剤師は患者さんが診察を受けて家に帰るまでに薬の説明ができる唯一の人です。

患者さんに服薬指導をするのが難しいこともありますが、薬は患者さんの健康や命にも関わる大切なものです。しっかりと薬剤師としての義務を果たしましょう。

調剤薬局の薬剤師の服薬指導を上手にするには

調剤薬局の薬剤師の服薬指導は、どの患者さんに対しても同じように行うのではありません。

患者さんの性格や状況も考えながら、わかりやすく指導して薬に対する理解を深めていってもらいましょう。上手に行うには経験やコミュニケーション能力も必要です。

最初から上手に服薬指導ができる人はいません。さまざまな処方箋や患者さんと接しながら知識を増やしていきましょう。

服薬指導のおかげで薬に対する不安を解消されて治療に向き合っていけるようになった、そんなふうに思われる薬剤師を目指したいですね。

服薬指導が上手になるには、たくさんの処方せんや患者さんと接することができる調剤薬局でスキルを磨くとよいでしょう。優秀な先輩薬剤師がいる調剤薬局で服薬指導のやり方を見ることができれば、参考にもなりますね。

薬剤師転職サイトに登録すれば、服薬指導の研修制度があるなど、あなたの服薬指導のスキルを上げる調剤薬局を紹介してくれますよ。

コンサルタントにお願いすれば、転職先候補の薬剤師の服薬指導を見学させてもらえるかもしれませんよ。

このページの先頭へ