調剤薬局の薬剤師の退職金について

調剤薬局の薬剤師の退職金。退職する時には退職金がいくら貰えるかが気になりますが、勤務年数により金額が決まることがほとんどで、辞めるタイミングによっても大きく異なります。

また、退職金は一定の期間働けばほとんどの調剤薬局で貰えますが、退職金制度自体が無い職場も増えているので、退職や転職する時は将来の退職金についてよく調べておきましょう。

調剤薬局の薬剤師。退職金は貰えるの?

退職金とは、退職する時に雇用主が退職者に支払う一定のお金です。

正社員として3年程度働くと退職金が支給されるのが一般的ですが、1年でも支給されることもあり、パートでも就業規則で規定されていれば退職金が出ることもあります。

ある程度の期間働けば退職金が貰えるのが当たり前な気がしますが、最近は退職金制度がなく退職金も無い、という職場も増えています。

頑張って働いたのに退職金が無いって違法じゃない?と思うかもしれませんが、退職金は労働基準法で定められた制度ではありません。

元々は優秀な人の獲得と定着のために制度化したもので、長く働いた人への報酬に過ぎず、退職金制度を設けるかどうかは職場によるのです。

現実としては調剤薬局のほとんどで退職金が貰えそうですが、個人など小さい規模の薬局では退職金制度が無い、という可能性もあります。

また、退職金が貰える場合でも勤続した年数によっても金額に差があるのが普通です。

3年以上で退職金が出る職場なら2年11か月で辞めるのはもったいない、と思いませんか?事情が許すなら3年経ってから辞める方がいいですね。

普通の会社なら就業規定の中に退職金についても規定があり、どのくらいの退職金が貰えるかが決められています。退職をする前には退職金規定をチェックして、より多く貰えるタイミングを計りましょう。

調剤薬局の薬剤師の退職金の相場

調剤薬局の薬剤師の退職金ですが、相場はどのくらいでしょうか。調剤薬局の退職金の相場としては5年勤務で50万円ほど、30年勤続で500万円程度というデーターはあります。

小規模の調剤薬局などでは雇用主が毎月1万円程度の「中小企業退職金共済制度」で積立を行い、30年勤続で約580万円程度の退職金を出すこともあるようです。

一般的に会社の規模が大きく業績がよいところほど退職金も高い傾向があります。しかし、働いている途中で親会社が変わってしまうこともあり、最初に規定された金額が貰えないこともあるのです。

いずれにしろ調剤薬局の退職金は規模やエリアによっても様々なので、一概には相場が言えません。

調剤薬局の薬剤師の退職金の重要さはあなた次第

調剤薬局の薬剤師の退職金、転職を考えているあなたの今の職場には退職金制度がありますか?

もし退職金が規定されているのに支払いが無いときは違反ですので、請求することが可能です。このようなトラブルを避けるためにも退職前には退職金規定について知っておくことが大切です。

ところで、定年まで長く働くつもりの人には退職金が高い職場の方が当然よいですが、長く働き続ける予定がなく、数年たてば転職してもよいと考えている人にとってはどうでしょうか。

退職金とは、会社から賃金として支払われる一部を積み立てていたものを後から貰う、言わば後払いのお金です。

長く働くつもりがなければ、退職金の有無よりも月々の給料がよい職場を優先した方がよい場合もあります。

つまり、退職金があった方が将来の心配は減りますが、それぞれの働き方によって退職金の重要さは異なるのです。退職金を退職後の生活費と考える人にとっては年収と同じくらい重要な条件です。

あなたの将来の生活に関わることなので、転職先を選ぶ時から退職金のことを考えるのは早すぎではありません。けれども採用面接で退職金についてはなかなか聞きづらいですね。

薬剤師転職サイトに登録して、コンサルタントに代わりに調べてもらうのも一つの方法ですよ。

このページの先頭へ